芸能

杉咲花、NHK朝ドラ主演決定に「冷めた声」続出のナットク理由!

 2020年度後期放送のNHK朝ドラ「おちょやん」のヒロイン・竹井千代に杉咲花が決定した。

 タイトルの「おちょやん」とは大阪ことばで茶屋や料亭などで働く、小さい女中さんを意味する「おちょぼさん」がなまったもの。上方女優の代名詞として親しまれてきた喜劇女優の浪花千栄子さんをモデルに描いた内容だ。安藤サクラ主演「まんぷく」、広瀬すず主演「なつぞら」、放送中の戸田恵梨香主演「スカーレット」、2020年度前期放送の窪田正孝主演「エール」に続き、5作連続で主演がキャスティング起用となる。

 杉咲は2016年前期放送の「とと姉ちゃん」で主演の高畑充希の妹を演じていたためか、ネット上では「もう朝ドラ主演はしていたかと思っていた」という声が少なくない。

「それだけ杉咲が朝ドラのヒロイン要素を持っているということでしょう。しかし、裏を返せばフレッシュさに欠けるとも言えます。NHK朝ドラの醍醐味の1つとして、オーディションで発掘された新人女優が、半年間の放送回を追うごとに演技が上達していき、その成長過程を毎日見守れる“育てゲー”的要素もあったのに、最近はその楽しみが消えてしまいました。杉咲はすでに演技達者で、10月27日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、2016年12月31日放送の単発版『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で田中圭演じる春田創一に思いを寄せる後輩・長谷川幸也を好演した落合モトキからも、演技が素晴らしくて気になる女優として名前を挙げられていました」(テレビ誌ライター)

 ネット上でも「また民放と同じようなメンツの朝ドラになるのか」「何のイメージもついていない女優が見たい」「杉咲さんに不安はないけど驚きもない」などの声があがっている。安定もいいが、ドラマと同時進行で無名の新人が成長してゆく、もうひとつの“物語”も見せてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)