芸能

明石家さんま、「ラブメイト10」で剛力彩芽をランキング外にした“男の意地”

 11月2日から3日にかけてフジテレビ系で放送された、「FNS27時間テレビ」は、3年ぶりの生放送という力の入れようだったが、平均視聴率は歴代最低の5.8%に終わった。

 そんな中でも話題となったのが、同番組に恒例になっている、明石家さんまが1年で気になった女性を順位形式に発表していく企画「ラブメイト10」だ。

「毎回深夜に放送される人気企画で、2010年から連続で発表されていましたが、16年で終了。それが3年ぶりに復活とあって、その順位に注目が集まったのですが、13年から16年まで4度連続でランクインしていた剛力彩芽が、跡形もなく姿を消していたんです」(夕刊紙記者)

 ちなみに剛力は、13年首位、14年2位、15年首位、16年首位となっており、13年は綾瀬はるか、15年は長澤まさみを差し置いての首位だったことから、さんまのよほどのお気に入りだったことが窺える。

「ちなみに今回は首位が新木優子、2位・浜辺美波、3位・唐田えりかと、やはり3年が経ってトップ10のメンバーは様変わりしており、綾瀬も長澤もランクインはしていません。ただし剛力の場合、かつてのイレ込みようから考えれば、その落差はあまりにあからさまと言えますね」(芸能記者)

 原因はもちろん、昨年4月に交際宣言した、ZOZO創業者の前澤友作氏の存在である。

「さんまは以前、剛力について『唯一、下の名前で呼ぶ女』と、大ファンであることを公言するほどでしたが、交際がわかってからはテレビやラジオで『今、後悔の一歩目やろな』、『恋人にしようなんて、夢にもこれっぽっちも思ってなかったわけやからね』などと、一見ネタのようにはしています。しかし、最もタイプな女優で、現時点でも彼女の行く末を案じていることは間違いない。本心はわかりませんが、今回、完全にトップ10から外したことに、さんまの複雑な胸中が見え隠れしている気がしますね」(前出・夕刊紙記者)

 それは剛力に気を使ってなのか、男の意地なのか。それでも彼女をトップ10入りさせる、さんまも見てみたかった気もする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題