芸能

明石家さんま、「ラブメイト10」で剛力彩芽をランキング外にした“男の意地”

 11月2日から3日にかけてフジテレビ系で放送された、「FNS27時間テレビ」は、3年ぶりの生放送という力の入れようだったが、平均視聴率は歴代最低の5.8%に終わった。

 そんな中でも話題となったのが、同番組に恒例になっている、明石家さんまが1年で気になった女性を順位形式に発表していく企画「ラブメイト10」だ。

「毎回深夜に放送される人気企画で、2010年から連続で発表されていましたが、16年で終了。それが3年ぶりに復活とあって、その順位に注目が集まったのですが、13年から16年まで4度連続でランクインしていた剛力彩芽が、跡形もなく姿を消していたんです」(夕刊紙記者)

 ちなみに剛力は、13年首位、14年2位、15年首位、16年首位となっており、13年は綾瀬はるか、15年は長澤まさみを差し置いての首位だったことから、さんまのよほどのお気に入りだったことが窺える。

「ちなみに今回は首位が新木優子、2位・浜辺美波、3位・唐田えりかと、やはり3年が経ってトップ10のメンバーは様変わりしており、綾瀬も長澤もランクインはしていません。ただし剛力の場合、かつてのイレ込みようから考えれば、その落差はあまりにあからさまと言えますね」(芸能記者)

 原因はもちろん、昨年4月に交際宣言した、ZOZO創業者の前澤友作氏の存在である。

「さんまは以前、剛力について『唯一、下の名前で呼ぶ女』と、大ファンであることを公言するほどでしたが、交際がわかってからはテレビやラジオで『今、後悔の一歩目やろな』、『恋人にしようなんて、夢にもこれっぽっちも思ってなかったわけやからね』などと、一見ネタのようにはしています。しかし、最もタイプな女優で、現時点でも彼女の行く末を案じていることは間違いない。本心はわかりませんが、今回、完全にトップ10から外したことに、さんまの複雑な胸中が見え隠れしている気がしますね」(前出・夕刊紙記者)

 それは剛力に気を使ってなのか、男の意地なのか。それでも彼女をトップ10入りさせる、さんまも見てみたかった気もする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到
4
コンビ降板がかかった「バス旅Z」が成功!「運命を分けたポイント」は!?
5
美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(1)TBS・江藤愛のポストに座るのは?