芸能

クロちゃん、「女性アイドルプロデュース」でゲスぶり発揮も称賛の声!?

 徐々にその見方が変わりつつある?

 安田大サーカスのクロちゃんがバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演したのは11月6日放送回。新企画でも相変わらずの“クズっぷり”を発揮するも視聴者からは思わぬ反応が見られている。

 昨年同番組内で放送されたクロちゃんを主軸に置いた恋愛リアリティー企画「モンスターハウス」が好評だったことをあってか、今度はクロちゃんが女性アイドルをプロデュースする新企画「モンスターアイドル」がこの日からスタート。

同企画はクロちゃんがアイドルグループのプロデューサーとなり、アイドルを目指す候補生16名からメンバーを選抜してアイドルグループをプロデュースするというもの。この日は16人から8人までメンバーをオーディションで絞る模様までが放送され、歌唱力審査まではわかるものの、なぜかアピールタイムも用意され、クロちゃんは、候補生のほっぺをつまんだり、手を握ったりとやりたい放題。

 さらには「この企画でアイドル作りたいし、彼女も作りたい」と、メンバーを選ぶことと同時進行に彼女を作りたいと企画趣旨を明らかに間違えてとらえるなど“公私混同しまくり”クロちゃんにはスタジオでVTRを見ていたダウンタウンらはドン引きの連続だった。

 しかし、視聴者の反応を見ると、「台本はあるんだろうけど、クロちゃんプロだな」「見ていて本気で気持ち悪いと思うけど、おもしろいわ」「嫌悪感を抱かせるプロだよな。結局、見ちゃうもんな」とドン引きというよりはそのプロ意識を絶賛する声が多数見受けられている。

「1次審査では、狙っている本命の女の子の泣き顔が見たいがために、わざと最後の最後まで残したりと異常性が垣間見えるような楽しみ方をしていたクロちゃんですが、そこは、『モンスターハウス』に次ぐ連載企画。自身の欲望のまま楽しんでいるというよりは番組を盛り上げようとゲスキャラを演じていると世間も見ているようです。それでもその不気味な表情は鳥肌モノだったりと、演出だとわかっていても思わずドン引きできてしまうわけですから逆にそこまでヨゴレに徹底できるのはすごいことですよね」(エンタメ誌ライター)

 次回は沖縄での合宿の模様が放送される予定だ。予告ではクロちゃんが水着姿の候補生たちといちゃつく映像が流されていただけにその展開から目が離せない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
3
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!