芸能

過去に薬物報道も沢尻エリカがNHK「麒麟がくる」に起用されたワケ

 11月18日の「サンケイスポーツ」が、法律違反の合成薬物の所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者の出演予定だったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に関する情報を掲載。記事によると、沢尻容疑者の代役を立てて撮り直すことが決定したという。

「サンスポによれば、すでに大河は10話まで撮影済みで、今からの取り直しは時間が足りず、最悪、放送を延期する可能性があるそう。それでも代役を立てて調整するようですが、女優の必須条件として、時代劇経験が豊富で、所作などが身についていること。そしてドラマで登場する乗馬シーンもこなせる人物でないといけないようです」(芸能記者)

 そんな沢尻容疑者といえば12年、「週刊文春」がイニシャルや疑惑でなく、実名で彼女の植物由来の法律違反薬物の使用を断定的に報じていた。それだけに大河ドラマファンからは「なぜ彼女を起用したのか」「身辺調査はしなかったの?」と批判の声も飛び交っている。

 今回は、脚本家の信頼を得ていたことが起用につながった可能性もあるという。

「『麒麟がくる』の脚本家・池端俊策氏は12年~13年、沢尻容疑者を主演に迎えたドラマ『悪女について』や『時計屋の娘』(いずれもTBS系)も執筆しています。特に『悪女について』は、沢尻容疑者の熱演もあってか芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するほど高い評価を得ました。彼女は過去に黒い疑惑があったものの、近年多くの作品で実力派女優として活躍していましたから、成長した彼女ともう1度タッグを組みたいという思いがあったのかもしれません」(前出・芸能記者)

 はたして「麒麟がくる」は、どのような形で放送となるのか。沢尻容疑者の失った信用は計り知れない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」