芸能

佐藤江梨子「10年ぶり写真集で三十路ビキニ披露の崖っぷち」

 藤江梨子(31)が10年ぶりにビキニ写真集を発表する。20代から三十路のプルンプルンボディ公開は朗報だが、その裏には、「脱がざるをえない」崖っぷち事情があったのだ。

 サトエリが、久々のナイスボディを披露しているのが、4月23日発売の女性向けフィットネス誌「FYTTE」(学研パブリッシング)。3ページの水着グラビアを含む9ページにわたって艶かしい肢体を披露しているのだ。

「まさにオンナ盛りのボディです。173センチ、B88・W58・H88のメリハリがあるスリーサイズはそのままに、女性的な丸みを帯びたヒップや巨乳は円熟味を帯びて写真からも色香を放っている。6月27日には、『es佐藤江梨子写真集』も発売されます」(出版プロデューサー)

 10年ぶりとはいえ、抜群のスタイルは健在。エメラルドグリーンの浅瀬と真っ白な砂浜の境界線を、豊満な胸とプリッとした美尻をシンプルなピンクのビキニで隠し、長い四肢を目いっぱい使って走り抜けるカットや、立ち止まってカメラをのぞき込むアングルでは、豊乳がポロリとこぼれ落ちそうな悩殺ショットもある。

 前出の出版プロデューサーが三十路ボディの魅力と撮影現場の様子を解説する。

「彼女がビキニで走ると、スレンダーな体に似つかわしくない肉感的なボディが、上下にプルンプルンと揺れる様が手に取るようにわかる。まさに熟巨乳ぶりが全開で、撮影スタッフも『あのオッパイは綾瀬はるか以上ですね』と思わず息を飲むほどだったとか。本人も『久々の撮影だったけど体が覚えていた』と満足気だったそうです」

 それにしても、これまで“封印”してきたお宝ボディを解禁したのは、なぜか。

 サトエリと交友のある芸能関係者が語る。

「一時期は、映画や舞台などは自分の納得のいく脚本の仕事しか選ばなかった彼女ですが、所属事務所が経営危機に陥り、資金繰りに苦慮していることもあって、タレント生命はかなりの崖っぷち状態。彼女は将来的に『映画や舞台で評価を得られる本格派女優になりたい』と口にしていて、『物語に必然性があればフルヌードの覚悟はある。最初は体が注目されても、あとで演技が評価されればそれでいい』とも話しています。写真集のヒットで健在ぶりをアピールし、それを置き土産に事務所を移り、さらには濡れ場を演じて本格派女優にという思惑があるのでしょう」

 この10年間で、色香が増したのは奔放な男性関係も一因だと語る関係者もいる。

「明らかにボディはエロさを増していますが、考えたらこの10年の間も市川海老蔵や片岡愛之助といった歌舞伎役者と噂になった。最近も中村獅童といい仲だという話を聞きます。あのボディが梨園のプレイボーイたちに磨かれた可能性は否定できない」(芸能ライター)

 今回の水着復活が、ハードな官能シーンにつながることを期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」