芸能

能年玲奈「19歳、じぇじぇ~なピュア素顔」(4)まだまだペーペーですから

「意外と言ったら失礼かもしれませんが」と前置きして、「能年ブームがさまざまなところで影響しだしている」と明かすのは、前出とは別のNHK関係者。

「さほど大きな期待をしていなかった『連続テレビ小説』が絶好調なのと対照的に、大きな期待と巨額の資金を集めてスタートした綾瀬はるか主演の『八重の桜』の人気と視聴率は下がる一方。大河班のスタッフの中には、『朝ドラがうらやましい。同じ天然キャラ、コメディエンヌなので、そのうち能年が綾瀬のポジションを奪っているかも‥‥』と自嘲気味に話す人もいます」

 そんな“称賛”に関して能年自身はこう答えているという。

「彼女は『私なんてまだまだペーペーですから。でも、感性がストレートに流れ込んでくる女優になりたいです。宮本さんのようなしびれる役者さんになりたいです!』と、綾瀬については特に意識はしていないようです」(前出・スポーツ紙記者)

 大手芸能事務所関係者も、

「ここ10年で一番の逸材。ショートカット美女枠が『剛力彩芽(20)から能年に変わるだろう』と関係者内では言われています」

 と期待を寄せる能年のドラマ内のライバル・橋本愛(17)絡みでは、こんな話がある。

「ライバルであり親友役で出ている橋本は、ヒロインオーディションで最終まで残っていたそうです。落選しましたが、今注目の若手女優なので、その役で起用したようです。能年と橋本は、今、映画とドラマ関係者が起用したい若手女優ツートップで、朝ドラ終了後の出演作が早くも争奪戦になっています」(前出・芸能ライター)

 前出・北川氏も「この2人のタイプの違う美少女合戦も見逃せない」と語るが、前出・肥留間氏は能年にこうエールを送る。

「まさしく、三陸の天然モノの素材のような能年を、力のある役者たちがしっかり脇を固めている。そして、演じている役者たちが皆、実に楽しそうです。そんな空気がテレビ越しにも伝わってくるから、観ている我々も朝から明るくなるのだと思います。その環境を素直に受け止めて、今後も伸び伸びと演じてほしいですね」

「朝の活力源」女優・能年の、今が伸び盛りの進化を見逃す手はなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々