芸能

芸能プロ、旧態依然な“暗部”暴く!(6)グラドル界で蠢く“脱がせ売り”

 コンプライアンスなんて言葉は“お題目”にすぎず、今も法律ギリギリ、時には大きく逸脱したやりたい放題が行われている、芸能プロが存在する。

 かつて一世を風靡したグラビア系プロダクション─現在は昔の名前でなんとか細々とメディア出演を保つタレントが数人。グラビアというジャンル自体が斜陽だけに、かつてのようなスター育成が難しく、新人がまったく育たずに聞こえてくるのは倒産や身売りの噂ばかり、という惨状だ。

「あるプロダクションの幹部などは、当時、彼のプロデュースで多くのグラドルを輩出したことになっていますが、実際にやっていたのはグラビア各誌の編集長やデスククラスに毎月、数万円のカネを振り込んで懐柔し、ページを確保していたというのが本当のところ。そんな金の使い方をしていれば、当然、タレントに回るカネなど残るはずもなく、同社は薄給で有名でした。一方で“脱ぎ”は売りにしないと哲学を語っていましたが、売れっ子の多くが離脱して事務所が一気に弱体化してからは、艶系DVD界と芸能界のパイプ役になりました」(芸能記者)

 かつて所属していたタレントについても、そちら側のメーカーに勝手に売り込まれ、契約までとってきたことで、裁判沙汰になりかけたこともあったという。「また、あるタレントには、艶系DVDメーカーが製作していると知らせずに際どい仕事をさせ、発売直前に週刊誌に“艶系デビュー”と報じられ、こちらも問題になりかけました。他にも複数のタレントのデビューの裏でそうした動きをしているのが彼です」(芸能関係者)

 芸能界からの信用がどんどん失われているのも、無理はないのである。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道