スポーツ

もしアノ選手なら猛批判!? 山田哲人、プレミア12大会中「合コン」も擁護の声

 やはり結果がすべてということだろう。

 侍ジャパンに選出され、「プレミア12」決勝の韓国戦で決勝点となる逆転3ランホームランを放ったヤクルト・山田哲人が、同大会中に美女と合コンをしていたことを「FRIDAY DIGITAL」が報じている。

 同メディアによれば、山田はスーパーラウンド初戦を翌日に控えた11月10日に六本木の飲食店で、お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニーら仲間と夕食を済ませた後、西麻布のバーに移動。

 山田らがバーに入った数分後には、10名近い美女たちがアントニーの案内でバーに入っていたとのこと。大いに盛り上がったようで午前3時近くまで合コンは続いたそうだ。

 また、同メディアでは大会を通して大活躍だった侍ジャパンの4番を務めたカープ・鈴木誠也の姿も韓国戦の前日である11月16日にキャッチしており、こちらは人気焼き肉店で手短に食事を済ませると、恋人の畠山愛理に会うこともなく、宿舎に帰っていたと紹介している。

 鈴木と山田を比較するような文章構成かつ、最後には〈朝方まで合コンしといて、スーパーラウンドも凡打の山を築いていたら、さぞ山田は叩かれただろう〉と記載されていたこともあって、同メディアの記者としては山田がスーパーラウンドで結果を残せていなければ紙面で叩きたかったという思惑がプンプン臭ってくる内容だった。

 しかし、世間からは「もともとシーズンオフなんだから、独身生活を満喫したって構わないはず」「外出禁止のルールも無さそうだし、息抜きは必要かと」「しっかり結果残してるんだし、叩く要素がない」などといった声が上がっており、山田の試合前日の夜遊びを責める声はほとんど見られなかった。

「決勝前日までは打率は1割台でしたから、本当に凡打の山を築いているようだったら、世間の反応も違ったのかもしれませんが、現実は日本をプレミア12初優勝に導いたヒーローですからね。そんな活躍を見せられて山田を叩こうと考える国民はそういないようですね。ただ、一方では『これが“山田”じゃなくて“山口”だったら叩いてた』『山田はセーフ! 山口はアウト』など、もしこの合コン報道が山田ではなく、決勝戦で先発マウンドを任されるも、2本塁打を浴びて1回3失点で降板した巨人の山口俊であれば叩いていたという声も見受けられています。山口は妻子ある身ですから、仮に大会期間中に合コンに行っていれば非難されることは仕方ないと思いますが、決勝戦に登板した投手の中で唯一散々な結果だった山口に対しては決勝直後に厳しい声が殺到していましたから、既婚者ということをいいことにメチャメチャ叩かれていたことでしょう」(スポーツライター)

 とりあえずは山田としては世間の反応にホッとしているに違いない?

(権田力也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
2
ステージママ・工藤静香に業界関係者も懸念する娘姉妹プロデュースの“誤算”
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!
5
ナゼ!?志村けん死去で米津玄師「Lemon」MVのコメント欄が荒れるワケ