芸能

70回を迎える紅白歌合戦は「信じられないウラ話」の宝庫だった!

 菅田将暉、Official髭男dism、King Gnuに日向坂46が初出場、さらに特別枠で竹内まりやも発表されるなど、今年も「紅白歌合戦」はにぎやかな話題が多い。令和初であり、記念すべき70回ということで、さらなるサプライズに期待がかかる。

 そんな紅白の歴史をひもとくと、意外な事実が明らかになる。例えば、初めて「出場拒否」を表明したのは誰か?音楽プロデューサーで、「紅白歌合戦のウラ話」(全音楽譜出版社)を上梓したばかりの合田道人氏が答える。

「60年代の石原裕次郎です。ヒット曲はたくさんあったが『歌手が本業ではないので』という明快な理由でした。珍しい形としては、78年のピンク・レディーは『日本レコード大賞』を受賞しながら紅白は辞退。日本テレビのチャリティー特番に出るというのが理由でした。前年の初出場を巡ってNHK側と意見が衝突し、その意趣返しの意味合いもあった」

 変わったところでは、91年に初出場するはずだったハウンド・ドッグだ。本番の6日前に「未発表曲を歌いたい」と主張。これがNHKには認められず、直前でキャンセル。代打にはバブルガム・ブラザーズが選ばれ、歌いながら「サンキュー、ハウンド・ドッグ!」と連呼している。

 ちなみに、紅白で同じ歌を一番多く歌った歌手は誰か?

「1位と2位が実は同一人物。石川さゆりの『天城越え』が11回で、『津軽海峡・冬景色』が10回と、他を大きく引き離しています。実は07年以降、この2曲を交互に歌っているので、今年は『津軽海峡~』の番。そうなると、1位が2曲とも同じ歌手になりますね」(前出・合田氏)

 ほかにも「吉川晃司のギター炎上事件」や「長渕剛の16分中継ジャック事件」など生放送ゆえの“アクシデント”は数限りない。節目の回には、どんな出来事が待っているだろうか。

(石田伸也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ザキヤマも唖然!?「ロンハー」が内村光良のタブーに触れるアクシデント!
2
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!
3
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
欅坂46・平手友梨奈の脱退を茶化した一発屋芸人が炎上!