芸能

上沼恵美子に続き“ミヤネ”も撤退?都民の「関西ノリ離れ」が加速するワケ

 12月11日の「フライデーデジタル」が、宮根誠司がMCを務める情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に視聴者からの抗議が殺到していると報じた。キッカケは、同番組の行き過ぎた取材姿勢だという。

「11月、元KARAのク・ハラさんが韓国内の自宅で自死したことがわかった際、『ミヤネ屋』は彼女の自宅前から中継を行いました。記事によると、その際、表札や住所の番地まで画面に映ってしまい、ファンが大挙する事態になってしまったそうです。すると、番組には電話やメールなど、1000件を超えるクレームが来たとのことなんです」(テレビ誌記者)

 また、MCの宮根は昨年、ハラさんの元交際相手との「リベンジ動画」騒動をパネルで説明した際、動画の再生マークを指で何度も押して笑いをとったことで、関東では「こういう関西ノリは本当に無理!」「関西では人気なのかもしれないけど、東京では放送しないでほしい」と批判が相次いだこともあった。

 そんな関西のローカル番組といえば、上沼恵美子の番組も関東視聴者に合わなかったという。

「フジテレビは今年2月、夕方のドラマ再放送枠を中止し、関西のバラエティ番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)を平日に毎日放送するという改編を行いました。しかしこの番組は、関西チックな毒舌や愚痴がウリの内容であるため、視聴者から『下品な感じで苦手かも』『東京の私たちにはちょっと合わないかな…』とドン引きの声が殺到。わずか1カ月ほどで打ち切りとなったのです。そんな中、今回の宮根の騒動で、関西特有のノリがさらに敬遠される事態となっており、関西ローカル番組の東京進出はさらに厳しくなりそうです」(前出・テレビ誌記者)

 昨今、裏の情報番組の「直撃Live グッディ!」(フジ系)にも視聴率が負けているという「ミヤネ屋」。はたして、このまま関東で生き残ることができるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
5
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!