芸能

上沼恵美子に続き“ミヤネ”も撤退?都民の「関西ノリ離れ」が加速するワケ

 12月11日の「フライデーデジタル」が、宮根誠司がMCを務める情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に視聴者からの抗議が殺到していると報じた。キッカケは、同番組の行き過ぎた取材姿勢だという。

「11月、元KARAのク・ハラさんが韓国内の自宅で自死したことがわかった際、『ミヤネ屋』は彼女の自宅前から中継を行いました。記事によると、その際、表札や住所の番地まで画面に映ってしまい、ファンが大挙する事態になってしまったそうです。すると、番組には電話やメールなど、1000件を超えるクレームが来たとのことなんです」(テレビ誌記者)

 また、MCの宮根は昨年、ハラさんの元交際相手との「リベンジ動画」騒動をパネルで説明した際、動画の再生マークを指で何度も押して笑いをとったことで、関東では「こういう関西ノリは本当に無理!」「関西では人気なのかもしれないけど、東京では放送しないでほしい」と批判が相次いだこともあった。

 そんな関西のローカル番組といえば、上沼恵美子の番組も関東視聴者に合わなかったという。

「フジテレビは今年2月、夕方のドラマ再放送枠を中止し、関西のバラエティ番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)を平日に毎日放送するという改編を行いました。しかしこの番組は、関西チックな毒舌や愚痴がウリの内容であるため、視聴者から『下品な感じで苦手かも』『東京の私たちにはちょっと合わないかな…』とドン引きの声が殺到。わずか1カ月ほどで打ち切りとなったのです。そんな中、今回の宮根の騒動で、関西特有のノリがさらに敬遠される事態となっており、関西ローカル番組の東京進出はさらに厳しくなりそうです」(前出・テレビ誌記者)

 昨今、裏の情報番組の「直撃Live グッディ!」(フジ系)にも視聴率が負けているという「ミヤネ屋」。はたして、このまま関東で生き残ることができるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!