芸能

再ブレイク!稲森いずみは隠れ“艶”女王だった(2)ラブシーンで存在感を発揮

 だが、稲森のどこか陰のあるエキセントリックな艶技が一気に開花したのは、18年に放送されたディーン・フジオカ主演の「モンテ・クリスト伯」(フジ系)での怪演だった。テレビ誌編集者によれば、

「作品は視聴率こそ一桁で低空飛行でしたが、主役のフジオカのこれでもかという復讐劇とどんでん返しの連続で、今も人気の高い作品。中でも稲森は新井浩文が演じた建設会社社長の妻役で、警視庁の刑事部長役の高橋克典の元愛人という、カギを握る役どころ。現在は新井の公判中ということもあり、封印された幻の作品です」

 ドラマの中で稲森は、社長夫人という設定。第3話では、自宅を訪れた部下の男性に、

「西山さん、いつものお願いしますね」

 と意味深なセリフを残す。次の場面では、夫の新井が就寝する中、黒のキャミソール姿の稲森がベッドの横にたたずむ。スレンダーながらキャミソールからのぞく真っ白な胸の谷間はボリュームこそないものの、お餅のような弾力が一目瞭然。30代の頃のやせすぎたボディよりもまろみを帯びてまさに熟れ頃と言える肉感だ。そんな彼女が、旦那の寝ている間に向かうのは同じフロアにあるマンションの一室。待ち受けているのは、二人の若い男。ガウンを脱がされると、

「キスはいらない」

 と命令。そのままベッドに押し倒され、3Pに突入するのだ。一瞬のバックショットでは、黒のキャミソール越しの黒ブラも見せつけるなど、挑発的な痴女を熱演。覆いかぶさる二人の男にむしゃぶりつく稲森は、かなりの好色ぶりだ。

 さらに第4話では、そのご奉仕3Pの模様が赤裸々に映像化されている。黒のキャミソール姿で寝そべる稲森のふくらはぎから徐々に、男の舌愛撫が続く。別の男は耳たぶからうなじのあたりに舌をはわす。すると稲森は体をくねらせ身悶えるのだ。ただ、どこか虚空を見つめるような稲森の視線もまた悩ましい。

 さらに、年下男に貢いだ彼女が結ばれる場面では、バックショットながら、ブラを外され艶かしい背中が画面いっぱいにアップになるカットも。そのまま首筋に顔を埋められ、うっとりとする憂いのある表情は、まさに熟女のフェロモンがムンムンにあふれているのだ。しかものちに、この年下男が自分の息子であったと知らされる、いわば「近親相姦」という設定だった。

「稲森はこのドラマではポスターにも登場しないほどの扱いでしたが、地上波ギリギリの濡れ場で一躍、存在感を発揮。『隠れ濡れ場女王』と言われるほどになった。実際、94年の連ドラデビュー以来、26年間連続でドラマに出続けており、再ブレイクを果たしたのも彼女の堂々たる艶技があってこそでしょう」(テレビ誌編集者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?