芸能

追悼・梅宮辰夫「山口組とオンナ」マル秘交遊伝説(1)お蔵入り危機を乗り越えて

 またひとり、昭和を代表する豪胆な俳優が逝った。その名は梅宮辰夫──。12月12日に81年の生涯を終えたが、アサ芸だけが知る無頼な秘話を追悼公開しよう!

 映画監督・ライターの杉作J太郎氏は、何度も取材を重ねた俳優、そして人間・梅宮辰夫の魅力をこう語る。

「一見サラッと軽い印象ですけれど、スターとしての誇りと自負を誰よりも強く抱えている人でしたね」

〈広島極道はイモかもしれんが、旅の風下に立ったことは一遍もないんでぇ〉

 スゴむ武田明役の小林旭に対し、神戸の顔役・岩井信一に扮した梅宮がこう切り返す。

〈よおし、おんどれらも吐いたツバ飲まんとけよ〉

 実録映画の傑作「仁義なき戦い 頂上作戦」(74年、東映)で見せた、シリーズ屈指の緊迫した場面だ。

 ここで岩井組組長を演じる梅宮は、両の眉を剃り落とした異様な姿で、迫力を倍増させている。そのため、思わぬ余波があったとアサ芸に教えてくれた。

「娘のアンナが1歳とちょっとで、京都の撮影所から東京に戻ると、なついていたのがこの顔で抱っこしたらワンワン泣き出してね」

 演じた岩井のモデルは、三代目山口組若頭、山健組の山本健一組長(82年没)で、梅宮とは浅からぬ因縁があったことも明かした。

「若い頃は歌でキャバレー営業をこなして、神戸の店に出ていたら若いヤクザに『親分に挨拶がない』ってどなられてね。連れて行かれた先が山健さん。何のことかわからなかったが頭を下げたら、そこからはかわいがってもらえた。岩井の役をやることになったら組の若頭に『しっかりやってくれよ』と激励もされたよ」

 眉を剃り落としたのも、組長の風貌に合わせてのことだ。梅宮は「今の時代は問題あるかも」と前置きしながら、きっぱりと言った。

「ヤクザの役を演じるんだったら同じメシを食い、同じ酒を飲み、時には一緒にトルコ(ソープ)に行くような‥‥そんな“匂い”を吸収することも大事だったんだよ」

 一方、青年時代の梅宮は「プレイボーイ」のイメージが強くつきまとった。「ひも」「ダニ」「かも」(すべて65年、東映)といった「夜の青春」シリーズ、「未亡人(ごけ)ごろしの帝王」(71年、東映)をはじめとした「帝王」シリーズなどの主演作で演じた、セックスで女を縛り貢がせるナンパ師像が世間に強く印象づけられたからだ。鶴田浩二主演作との併映ポスターには「男を泣かせる鶴田、女を泣かす梅宮」と、みごとな惹句が添えられていた。

 これらの主演企画は、当時の梅宮の私生活に寄せて立ち上げられている。梅宮は、当時のモテぶりを「今の芸能界のスターの比じゃない」「常に彼女が10人以上いる」と豪語、「クラブのドアを開けると、店内のホステスみんなが他の客をほっぽって俺のところに集まった」のだという。

 本命のホステスと店外デートの約束を取りつけたものの、目ざとく気配をキャッチした他のホステスにつけられてしまい、本命の部屋の中でホステスたちが一堂に会することに。ナルホド、これは並のモテ方ではない。

 しかも、ゲイボーイからの人気も絶大だった。カルーセル麻紀も梅宮の大ファンで、劇場で歓声を上げていたという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」