芸能

山里亮太を“モヤモヤさせる”蒼井優の新作映画(3)キスシーンに山里がダメ出し

 そんな蒼井の大盤ぶるまいにモヤモヤしているのは、6月に電撃結婚した人気コンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)だ。撮影自体は入籍前だったとはいえ、NTR(寝取られ)されたようなもの。

 レギュラー出演する朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の9月10日放送回で、冒頭の「ロマンスドール」を取り上げた時のこと。映画紹介のVTRで蒼井と高橋がキスしそうになると、「ダメー!」と悲鳴まじりに絶叫。番組MCの「ハリセンボン」近藤春菜(36)から心境を聞かれ、

「シンプルに複雑!」

 と、胸の内をぶっちゃけていた。

 それでも新婚生活は順風満帆のようだ。深夜番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)の生放送のあと、運転免許を持っていない山ちゃんのため、ドライバーとして深夜に迎えに来る献身ぶりが一部で報じられた。だが、実生活では山ちゃんがしっかりとハンドルを握っているようで、

「家賃約50万円のヴィンテージマンションで新婚生活をスタートさせていますが、新しい家が決まるまでの仮住まいのようです。生活費を全て払っているのはもちろん、新居探しも山ちゃん主導で動いていて、蒼井もかなり頼りにしている。余計なお金を使わせないよう、買い物も高級スーパーなどは避けて、近所の庶民派のスーパーで済ませて節約しています。芸能人気取りの変なプライドもなく、見切り品を購入することもあるとか」(テレビ局関係者)

 不規則な生活を送る夫を気遣って、蒼井が栄養を管理。太りやすい山ちゃんのため、炭水化物を控えた献立で健康を支える良妻ぶりだという。

「独身時代の蒼井は、帽子にマスクの完全装備で原宿の古着屋巡りなどをしていました。結婚してから周囲の視線が気にならなくなったのか、変装せずに腕組みしながら近所でデートしています」(芸能記者)

 6月の結婚会見では、記者から「魔性の女」と言われた蒼井を守るべく、

「皆さんが思う魔性から発生する心配は一切ございません」

 と、きっぱり否定して男を上げたことで、プラスの変化が起きているという。

「入籍から半年たってもゲスト出演やMCのオファーが殺到。それだけではなく、山ちゃんの私服は蒼井がコーディネートしているのか、オシャレになったと評価がアップ。女性スタッフの見る目も変わり、モテ度が増しています」(テレビ局関係者)

 人気女優のアゲマン効果で、幸せの絶頂期に入っているが、不満もあるようだ。

「夜の生活は蒼井が主導権を握っていて、子作りはまだNG。来年は舞台の仕事が決まっているし、禁煙にも踏み切れていない様子。オアズケをくらっている山ちゃんは、スッキリどころかモヤモヤしっぱなし。独身時代のストレス解消法だったVRのアダルトゲームも蒼井の目を気にしてなかなかできず、ムラムラはたまる一方だとか」(テレビ局関係者)

 9月10日の「スッキリ」放送後、ツイッターで〈ロマンスドールを観ようと思います〉とつぶやいた山ちゃんだが、新妻のエロスすぎる姿に耐えられるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す