政治

大統領型宰相・中曽根康弘の「風見鶏」夫婦生活67年(2)土砂降りの中で選挙民に土下座

 結局、反対する父親を押し切り、夫人にもなんら相談することなく、内務省に辞表を出してしまったのだった。東京の自宅に夫人を置いたまま、さっさと郷里の高崎に帰ってしまったのである。

 高崎では、内務省の退職金で買った自転車をペンキで白く塗り、「日本をアカの手から守ろう」と訴えて回り、青年団に働きかけて『青雲塾』を結成、「日本の再建を目指そう。青年よ立て!」などと口角泡を飛ばしたりしていた。これは無論選挙に打って出るためで、夫人にこうした“消息”を入れたのは、なんと高崎に帰って1週間後だったというから驚く。

 夫人からすれば、1週間“行方不明”の夫だったワケだが、1週間後のそれも「オレは選挙に出るから群馬に来い」のハガキ一枚ときたから、夫人とすればまごうかたなき“結婚詐欺”ではあったろう。今日日(きょうび)の女性なら、間違いなく「約束が違うから別れるワ」となるところだが、ひと昔前の女性はガマンがきくのである。

 一方、当選した中曽根は、当選回数を重ねるにしたがって重責が増し、選挙でも地元になかなか帰れなかった。とくに、中選挙区時代の〈群馬3区〉は他にいずれものちに総理となる福田赳夫、小渕恵三といった強力候補がいるだけに、選挙戦で夫の留守を守る夫人の役割は大変だった。

 かつて中曽根派幹部だった中尾栄一(元通産相)は、筆者にこんな話をしてくれたことがある。

「中曽根夫人は東京生まれ、“カカア天下と空っ風”の群馬の風土はなかなかヨソ者を受け入れがたいところがあって、夫人は相当、苦労したようだ。中曽根がまだ2、3回生の頃だったが、夫人が土砂降りの雨の中で支持者に頭を下げたら、『そんなにフダ(票)が欲しかったら土下座してみろッ』との声が飛んだ。夫人は、その場で泥道に土下座してみせたそうです」

 これだけの「内助の功」を果たした夫人に、中曽根はゼイタクにもこう“採点”したことがある。まあ、よくも言ったものである。

「妻は80点くらいではないか。聖母マリアとか、観音様とか、キューリー夫人とかがみんな合わさったのが、私の百点満点の女性だ。それを考えれば、まだ20点は不足している」

 その蔦子夫人は、平成24(2012)年11月7日、91歳で死去した。中曽根はその柩に、自らしたためた次の一句を入れたそうだ。中曽根のロマンチックぶりが知れる。

「頼みあう 夫婦となりて 年のくれ」

■中曽根康弘の略歴

大正7(1918)年5月27日、群馬県生まれ。東京帝国大学法学部から内務省入省。海軍主計主査。警視庁警視などを経て退職。昭和22(1947)年民主党から衆議院議員初当選。昭和57(1982)年11月、内閣組織。総理就任時64歳。令和元(2019)年11月29日、老衰のため死去。享年101。

総理大臣歴:第71~73代 1982年11月27日~1987年11月6日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿
3
大島優子「マッパ」「バスト」伝説(上)“不貞役”映画はココまで見せる!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
やり過ぎ?鈴木奈々“育乳”と“バストアップ”アピールに冷めきった声