女子アナ

「懺悔サービス」か!?「報ステ」徳永有美・森川夕貴が見せた“Wバスト祭り”

 12月16日に放送された「報道ステーション」(テレビ朝日系)が、大変なことになっていた。

「まず、のっけから注目させられたのが、メインキャスターの徳永有美アナです。その日は肌色のワンピースだったのですが、サイズがかなりピッタリめで、推定Dカップのお椀型のバストがクッキリ。伝えられるニュースが耳に入らないほどの膨らみの強調でした。彼女も、もう44歳ですが、かつては現在の夫である内村光良との不貞関係が報じられ離婚、揚げ句に内村と略奪婚とも言われただけに、一見、お堅そうな彼女の“女”な部分を想像すると、興奮してしまいますよね」(女子アナウオッチャー)

 この日の放送は、それだけではなかった。もう一人、キャスターを務めるテレビ朝日の森川夕貴アナも、スゴかったのである。

「彼女の方はグレーのブラウスだったのですが、こちらも、いかにも柔らかそうなまん丸バストがどーんと突き出ていたんです。少々垂れ気味なのも生々しく、ネット上では《でけええ!》《過去最高の強調ぶり!》と大騒ぎになっていました。以前は推定Cカップ程度と見られていましたが、Dカップはあるようにも思えましたね」(前出・女子アナウオッチャー)

 そのため男性視聴者の間では〈Wバスト祭り〉となっていたわけだが、偶然ではないとする、こんな見方もある。

「『報ステ』では10日の放送で、問題となっている『桜を見る会』のニュースを取り上げた際、自民党の世耕弘成参院幹事長の会見のVTRで、世耕氏が『説明できる範囲はしっかり説明した』の後に『もうよいお年をというか』と語る様子を流し、この編集に世耕氏が激怒。問題を年越しさせようと見せる印象操作だとツイッターで反論しました。結局、翌日には番組内で“お詫び”をするに至っていますが、視聴者のブーイングは広がりを見せ、《完全に捏造》《普通だったら打ち切りレベル》など厳しい声もあがっていました。ひょっとすると、“Wバスト祭り”は、そうした世間に対する懺悔と、和らげるためのサービスなのかもしれません」(週刊誌記者)

 確かに、すべてを忘れさせる威力だった。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」