女子アナ

「懺悔サービス」か!?「報ステ」徳永有美・森川夕貴が見せた“Wバスト祭り”

 12月16日に放送された「報道ステーション」(テレビ朝日系)が、大変なことになっていた。

「まず、のっけから注目させられたのが、メインキャスターの徳永有美アナです。その日は肌色のワンピースだったのですが、サイズがかなりピッタリめで、推定Dカップのお椀型のバストがクッキリ。伝えられるニュースが耳に入らないほどの膨らみの強調でした。彼女も、もう44歳ですが、かつては現在の夫である内村光良との不貞関係が報じられ離婚、揚げ句に内村と略奪婚とも言われただけに、一見、お堅そうな彼女の“女”な部分を想像すると、興奮してしまいますよね」(女子アナウオッチャー)

 この日の放送は、それだけではなかった。もう一人、キャスターを務めるテレビ朝日の森川夕貴アナも、スゴかったのである。

「彼女の方はグレーのブラウスだったのですが、こちらも、いかにも柔らかそうなまん丸バストがどーんと突き出ていたんです。少々垂れ気味なのも生々しく、ネット上では《でけええ!》《過去最高の強調ぶり!》と大騒ぎになっていました。以前は推定Cカップ程度と見られていましたが、Dカップはあるようにも思えましたね」(前出・女子アナウオッチャー)

 そのため男性視聴者の間では〈Wバスト祭り〉となっていたわけだが、偶然ではないとする、こんな見方もある。

「『報ステ』では10日の放送で、問題となっている『桜を見る会』のニュースを取り上げた際、自民党の世耕弘成参院幹事長の会見のVTRで、世耕氏が『説明できる範囲はしっかり説明した』の後に『もうよいお年をというか』と語る様子を流し、この編集に世耕氏が激怒。問題を年越しさせようと見せる印象操作だとツイッターで反論しました。結局、翌日には番組内で“お詫び”をするに至っていますが、視聴者のブーイングは広がりを見せ、《完全に捏造》《普通だったら打ち切りレベル》など厳しい声もあがっていました。ひょっとすると、“Wバスト祭り”は、そうした世間に対する懺悔と、和らげるためのサービスなのかもしれません」(週刊誌記者)

 確かに、すべてを忘れさせる威力だった。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”