女子アナ

「懺悔サービス」か!?「報ステ」徳永有美・森川夕貴が見せた“Wバスト祭り”

 12月16日に放送された「報道ステーション」(テレビ朝日系)が、大変なことになっていた。

「まず、のっけから注目させられたのが、メインキャスターの徳永有美アナです。その日は肌色のワンピースだったのですが、サイズがかなりピッタリめで、推定Dカップのお椀型のバストがクッキリ。伝えられるニュースが耳に入らないほどの膨らみの強調でした。彼女も、もう44歳ですが、かつては現在の夫である内村光良との不貞関係が報じられ離婚、揚げ句に内村と略奪婚とも言われただけに、一見、お堅そうな彼女の“女”な部分を想像すると、興奮してしまいますよね」(女子アナウオッチャー)

 この日の放送は、それだけではなかった。もう一人、キャスターを務めるテレビ朝日の森川夕貴アナも、スゴかったのである。

「彼女の方はグレーのブラウスだったのですが、こちらも、いかにも柔らかそうなまん丸バストがどーんと突き出ていたんです。少々垂れ気味なのも生々しく、ネット上では《でけええ!》《過去最高の強調ぶり!》と大騒ぎになっていました。以前は推定Cカップ程度と見られていましたが、Dカップはあるようにも思えましたね」(前出・女子アナウオッチャー)

 そのため男性視聴者の間では〈Wバスト祭り〉となっていたわけだが、偶然ではないとする、こんな見方もある。

「『報ステ』では10日の放送で、問題となっている『桜を見る会』のニュースを取り上げた際、自民党の世耕弘成参院幹事長の会見のVTRで、世耕氏が『説明できる範囲はしっかり説明した』の後に『もうよいお年をというか』と語る様子を流し、この編集に世耕氏が激怒。問題を年越しさせようと見せる印象操作だとツイッターで反論しました。結局、翌日には番組内で“お詫び”をするに至っていますが、視聴者のブーイングは広がりを見せ、《完全に捏造》《普通だったら打ち切りレベル》など厳しい声もあがっていました。ひょっとすると、“Wバスト祭り”は、そうした世間に対する懺悔と、和らげるためのサービスなのかもしれません」(週刊誌記者)

 確かに、すべてを忘れさせる威力だった。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
平手友梨奈が「秘所責め悶絶」で極める女優道(2)「CM現場でのドタキャン騒動」
3
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
藤田菜七子が土屋太鳳を“公開処刑”した!?超小顔とスレンダー大人ボディ