芸能

清原果耶“アフタービート”に「国宝級」の声/ダンスうまい芸能美女番付(3)

 注目の西の関脇が、新進女優の清原果耶だ。小1からクラシックバレエを習い、小5からは歌・ダンス・ミュージカルなども貪欲に吸収する。

「昨年は高校サッカーの14代目応援マネージャーに選ばれ、CMでは応援ダンスムービーに出演。ネット上では『ダンスがうますぎて国宝級!』の声が飛び交いました」(芸能評論家・織田祐二氏)

 NHK朝ドラ「なつぞら」では広瀬すずの妹役に抜擢されるなど、演技力も高い評価を受ける。そしてダンスの才能もハンパないことをさらに専門的に分析。

「ワン・ツーのリズムで踊るのを『オンビート』と呼びますが、清原さんはワン・and・ツー…の『アフタービート』を刻める人。そしてピッと決めた後の“タメ”がすごいんです。ダンスに余韻を感じさせます」(振付師・東坂みゆ)

 あと1年を待たずして、東の横綱を張るのは間違いなさそうだ。

 そして、東の小結は中条あやみが位置した。前出の織田氏は、2年前にオンエアされたdocomoのdカードのCMで、金ラメのミニの衣装で踊りまくった姿は、肌見せ具合も「申し分ない」として、こう続ける。

「別バージョンでチアガールに扮して踊るのもありますが、長い手足をこれでもかと見せつけます」

 宙を舞ったポカリスエットのCMも懐かしいが、ハーフであることの別次元のしなやかさがそこかしこで表現されている。

 三役の番付を締めくくるのは、西小結に入った山口智子だ。オンエア中の「なつぞら」でもたびたびダンスシーンを見せるが、ルーツは20代にさかのぼる。

「山口の座右の銘は『好きな音楽が流れたら踊り出せる人間でありたい』で、特にフラメンコは若い時に10年以上もやっていました。結婚や休業などで一時やらなくなったが、4年ほど前、海外を旅した時に町のあちこちで普通の人々が躍っているのを見て、ダンス熱が再燃したそうです」(前出・織田氏)

 90年代にはトップランクのキャンギャルで鳴らしただけに、プロポーションはダンス向き!

 さらに前頭には、“破局”で話題を呼んだあの人が──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声