芸能

清原果耶“アフタービート”に「国宝級」の声/ダンスうまい芸能美女番付(3)

 注目の西の関脇が、新進女優の清原果耶だ。小1からクラシックバレエを習い、小5からは歌・ダンス・ミュージカルなども貪欲に吸収する。

「昨年は高校サッカーの14代目応援マネージャーに選ばれ、CMでは応援ダンスムービーに出演。ネット上では『ダンスがうますぎて国宝級!』の声が飛び交いました」(芸能評論家・織田祐二氏)

 NHK朝ドラ「なつぞら」では広瀬すずの妹役に抜擢されるなど、演技力も高い評価を受ける。そしてダンスの才能もハンパないことをさらに専門的に分析。

「ワン・ツーのリズムで踊るのを『オンビート』と呼びますが、清原さんはワン・and・ツー…の『アフタービート』を刻める人。そしてピッと決めた後の“タメ”がすごいんです。ダンスに余韻を感じさせます」(振付師・東坂みゆ)

 あと1年を待たずして、東の横綱を張るのは間違いなさそうだ。

 そして、東の小結は中条あやみが位置した。前出の織田氏は、2年前にオンエアされたdocomoのdカードのCMで、金ラメのミニの衣装で踊りまくった姿は、肌見せ具合も「申し分ない」として、こう続ける。

「別バージョンでチアガールに扮して踊るのもありますが、長い手足をこれでもかと見せつけます」

 宙を舞ったポカリスエットのCMも懐かしいが、ハーフであることの別次元のしなやかさがそこかしこで表現されている。

 三役の番付を締めくくるのは、西小結に入った山口智子だ。オンエア中の「なつぞら」でもたびたびダンスシーンを見せるが、ルーツは20代にさかのぼる。

「山口の座右の銘は『好きな音楽が流れたら踊り出せる人間でありたい』で、特にフラメンコは若い時に10年以上もやっていました。結婚や休業などで一時やらなくなったが、4年ほど前、海外を旅した時に町のあちこちで普通の人々が躍っているのを見て、ダンス熱が再燃したそうです」(前出・織田氏)

 90年代にはトップランクのキャンギャルで鳴らしただけに、プロポーションはダンス向き!

 さらに前頭には、“破局”で話題を呼んだあの人が──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!