政治

小泉進次郎 失笑大臣襲名で「滝クリ夫」アピール封印

「30年後の自分は何歳かな」

 19年9月に環境大臣に就任して以来、とんちんかんな発言で「ポエマー」として頭角を現した小泉進次郎氏(38)。これまで「ポスト安倍」と持てはやされてきたのも一転、党内で求心力を失っていた。

「あまりの期待外れにベテラン議員だけではなく、若手議員からも嘲笑されているよ。もう誰も総理大臣になるとは思っていないだろうな」(自民党関係者)

 的外れな発言から「失笑大臣」と揶揄されることも。マスコミやネット上で叩かれたことで目下、進次郎氏に心境の変化が起きているという。

「大臣に就任する前は、記者が踏み込んだ質問をすると、グッとにらみつけて威圧する態度を見せることもありました。それが最近では、自信満々だった表情はなくなり、質問には丁寧に答えるようになったんです」(政治部記者)

 さらに自民党関係者もこう明かす。

「これまで官僚のレクなんて無視していたのに、今は大臣室にこもって必死に環境問題を猛勉強しているよ。滝川クリステル(42)の夫として育休をアピールしていたけど、それも口にしなくなってきた」

 衆院本会議で初の国会答弁でも、事前に用意した資料を読み上げてなんとか乗り越えた進次郎氏。これには官僚側もホッと一安心だったようだが、それもつかの間、19年12月にスペインで開催された第25回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP25)に出席した際、進次郎氏の演説がまたまた波紋を広げてしまった。

「事前に用意されたスピーチに納得できなかったのか、『私は世界でも最年少の大臣の一人』、『私は来年、子供が生まれる予定』と付け加えたんです。国際会議の場でプライベートアピールするなと批判が噴出。永田町でも『またやったか』と、あきれられていました」(政治部記者)

 どれだけ勉強しても“珍次郎節”は健在のようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史