芸能

AKB48「オヤジのための総選挙ガイド」

 参院選前のもう一つの一大選挙、AKB48総選挙の開票が迫っている。第5回の今年は、大島優子(24)と渡辺麻友(19)2人のセンター争いという下馬評の中、ダークホース候補が続々と名乗りを上げた。

 5月22日に発表された速報では、大方の予想を覆して、2位の渡辺麻友の倍の得票数でトップに大躍進したのが、昨年HKTに移籍した指原莉乃(20)だった。レギュラー出演する「笑っていいとも!」(フジテレビ系)では、司会のタモリからも「絶対に不正が行われてる」と突っ込まれたほど。

 安田大サーカスのクロちゃんがAKBヲタ魂を炸裂させて言う。

「指原1位には思わず笑っちゃいました。でも、実は毎年順位を上げてきているのは事実で、今年も去年の4位を上回るでしょう。もしも本当にセンターを取ったら、今後は彼女のようなバラエティ班が増え、AKBは第2章の新時代に突入するでしょうね」

 他にも、ポスト前田敦子を狙う若手が虎視眈々。その一番手が、昨年じゃんけん大会を制した「ぱるる」こと島崎遥香(19)だ。

「AKB48総選挙公式ガイドブック」で論客を務める芸能評論家の三杉武氏が寸評を加える。

「ファンの間では、恵まれたルックスや才能を持ちながらも、成長途上の歌とダンスとのギャップから“ぽんこつ”と呼ばれていました。とはいえ、本人のプロ意識が低いわけではなく、むしろ不器用なところはかつてのエースの前田敦子に重なる部分があります」

 大阪からの刺客・山本彩(19)と渡辺美優紀(19)の2人は速報でも選抜16位内と上位をうかがう勢いだ。

「山本は前田敦子も愛した美乳の持ち主で、“オッパイちゃん”と呼ばれてよく触られていた。一方の渡辺は人懐っこい小悪魔キャラで社交性やファンへのアピール力も高い。入浴のことを“ちゃぷちゃぷ”と表現するなど、エロさも兼ね備えています」(前出・三杉氏)

 他に「めちゃイケ」の番組内コーナーで結成された「BKA48」のセンターを務め、一躍、“おバカ”キャラで脚光を浴びた川栄李奈(18)も要注意だという。

 推しメンは、SKE・松井珠理奈(16)という前出・クロちゃんが熱い思いをほとばしらせる。

「前回23位の『ぱるる』は今回は1桁に伸ばしてくるでしょう。他にYou Tubeでの動画再生回数が2位の川栄がどこまで実票につながってくるか。他にも生涯研究生宣言しているSKEの村松香織(23)が入れば快挙です‥‥」

 注目の開票は6月8日、横浜の日産スタジアムで行われる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」