社会

“過労死”女性従業員遺族が「ワタミ渡邉会長を号泣告発」(1)遺族の心情を逆なでした弔電

「10年後に所得150万円アップ」。そんな掛け声にダマされてはいけない。参院選を前に「クビ切り自由化」法案は引っ込めたが、安倍総理は諦めていない。何せ目玉候補として「ブラック企業」批判を受ける経営者を担ぎ出したのだから。今回はその企業に“殺された”従業員遺族の悲痛の声をお伝えする。

 6月5日に発表された成長戦略第3弾には「サラリーマンクビ切り自由化」法案が顔を出すことはなかった。当然、安倍晋三総理(58)の頭の中には今夏に迫った参院選があったはずだ。解雇を金で解決できる規制緩和策を言いだせば、票を逃すことになりかねない。

 しかし、「雇用の流動化」というサラリーマンを切り捨てる政策を捨てたわけではない。それは、安倍自民が“目玉候補”として擁立した人物を見れば明らかだ。

 5月31日、自民党本部での会見に現れた“目玉候補”が掲げたキャッチフレーズは「経営力で強い日本を取り戻す」だった。

 その公認候補者とは、「和民」などの居酒屋チェーンを展開するワタミ株式会社会長の渡邉美樹氏(53)だ。

「ゼロから会社を立ち上げた経験を生かしたい」「若者が夢を持てる社会を作る」

 こう会見で話した渡邉氏の国政への意欲を、そらぞらしく聞いた人もいる。

「渡邉氏が国会議員になるなんてとんでもない。彼はウソつきで、きれい事を言うがごまかされてはいけない。内実は誠実さのない、冷酷非情な人間だと思います。ワタミに遵法精神はなく、労働基準法や労働契約法や労働安全衛生法を守らずに、利益のみを追求し、私たちの娘を含め若者を食い物にしてきたのです」

 こう話すのは、夢を抱いてワタミに入社しながら、過労自死に追い込まれた女性社員・森美菜さん(当時26歳)の遺族である。

 森さんの死はワタミを「ブラック企業」と世間に印象づけるきっかけとなった。昨年、有識者らが主催した「ブラック企業大賞」で、ネット投票1位の「市民賞」まで授与されるほど、「ワタミ=ブラック企業」という評判は定着している。

 それでも、遺族にとっては、森さんが墜落死した08年6月12日以降、時間は止まったままなのだ。

 死の晩に、森さんが立っていた高層マンションの踊り場には、白い傘が置かれていたが遺書はなかった。真相がわからないまま迎えた葬儀の日、遺族のもとに渡邉氏から弔電が届く。

〈美菜様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。美菜様の心の病みを察知できなかったことは、忸じく怩じたる思いです。どうか安らかにお休み下さい〉

 この弔電を手にした遺族は怒りに打ち震えた。森さんの母には、この文面をしばらく伏せておくほどだったという。

 森さんの遺族が言う。

「たとえ自殺であっても『心の病み』などという言葉は使わない。ましてや、警察も死因を断定していない段階で、渡邉氏は勝手に『心の病み』と、個人的な問題ときめつけた。会社の責任がまるでないような弔電を弔問客を前に『読め』と言ってきたのです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス