エンタメ

各界「伝説の師弟」(5)弟子・のむらしんぼ→師匠・弘兼憲史

 漫画家の多くは、デビュー前に他の漫画家のアシスタントをしていた過去を持つ。「つるピカハゲ丸」で80年代に「つるセコブーム」を巻き起こした、のむらしんぼ氏も、そんな一人である。

 大学時代に読んだ青年漫画に感銘を受けて、漫画家を志し、大学の「漫研」に所属したのむら氏が、企業イベントの似顔絵描きアルバイトをしている最中だった。

「30歳前後のヒゲ面の兄ちゃんが近寄ってきて、突然『漫研の人?』と。名前を聞くと『弘兼』と言うので、当時は有名ではありませんでしたが、まさかあのストーリー構成がすごい、弘兼さん!? とすぐにピンときました。著作を読んでいることを伝えると、『5時に終わるのね。じゃあ迎えに来るから』と」

 それが「島耕作」でおなじみの、師匠・弘兼憲史氏との出会いだった。

「そのまま先生のマンションに行くと、コタツを買うのをつきあわされて(笑)。そのお礼に手料理をふるまってくれました」

 それからすぐに、のむら氏の“弟子生活”が始まった。

「本当に居心地のいい場所でした。当時のアシスタントは、僕、のちの奥さんとなる柴門ふみ、他1名だけ。いつも先生が御飯を作ってくれて、皆でテレビを見ながら食卓を囲んで。特に味噌汁がうまかった(笑)。とにかく家庭的で待遇もよく、『間に合うから寝ていいよ、オレも寝る』と言っていたのに、先生1人起きて描いていたこともありました。あれにはジーンと来ました」

 ところが、アシスタント業で技術的なことは一切教わらなかったという。「その分、他では学べない編集者とのつきあい方や、漫画家としての社会生活の送り方など『漫画家とは何なのか』を学びました。話すことといえば、映画やドラマ、小説の話。例えば一緒にドラマを見る時も、先生はストーリー構成やカメラワークを意識して、全ての作品を監督の目で見ているんです」

 初めて触れる感性に感銘を受けたのむら氏は、さらに驚いたことがあった。

「『オレは漫画家でダメになっても、やりたいことがいっぱいあるから困らないんだ』と、先生がそう言ってデスクのいちばん大きい引き出しを開けると、400字詰めの原稿用紙に書いたシナリオがギッシリ詰まっていました。この人は漫画家以前に作家なのだな、と。どうりでストーリーがずば抜けておもしろいはずです」

 アシスタント生活は半年間だったが、卒業してから数十年たった4年ほど前、のむら氏は思うように仕事ができず、苦しんでいた。

「そんな時期、とある雑誌の編集長が弘兼先生にこんなことを言われたと。『しんぼのこと、よろしくお願いします』と‥‥」

 本物の師弟に過ごした時間は関係ない──。弘兼氏とのむら氏の関係が、師弟の神髄を物語っている。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」