芸能

氷川きよし、NHK紅白「限界突破メドレー」披露で起きそうな“超進化”とは?

 いよいよ迫ってきた70回記念、そして令和初の「NHK紅白歌合戦」だが、演歌・歌謡曲の若きプリンスとして出場を重ねる氷川きよしも、デビュー年以来、20回連続の出場を決めている。

 気になるのは12月20日に発表された出場歌手の歌唱曲だ。氷川は初めて大トリを飾った08年の「きよしのズンドコ節」などわずかな例を除けば、基本的にはその年の勝負曲を歌っている。30日の「日本レコード大賞」でも、大賞候補曲として3月リリースの「大丈夫」を歌う予定なのだが、発表されたのは「紅白限界突破スペシャルメドレー」。これは、何を意味するのか?

「氷川は17年にアニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)の主題歌として『限界突破×サバイバー』という曲を出しています。普通に考えればメドレーのタイトルから『大丈夫』からの『限界突破×サバイバー』といったメドレーになりそうですが、近年の氷川の方向性を考えると、別の可能性も浮上してきます」(音楽ライター)

 そのカギを握るのは、12日に国際フォーラムで開催されたコンサートである。ここで氷川は、クイーンの大ヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」を、クイーン側の許可を得て、初めて日本語訳の歌詞とともに披露した。各局のワイドショーでも披露された熱唱映像は、東山紀之が「やっぱり氷川君、うまいなあ」と絶賛するほどのボルテージだった。

「日本でも大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た氷川がフレディ・マーキュリーの生き方に感銘を受け、CD化を熱望する思いで歌い上げています。このところビジュアル面の進化がめざましい氷川ですが、解放したい内面と外面がフレディによって扉を開かせたようです」(前出・音楽ライター)

 もし、紅白でのメドレー曲に「ボヘミアン・ラプソディ」も加わるようなら、真に“限界突破”を果たせそうだが──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”