芸能

「ゲス芸人」クロちゃん、実は芸能マスコミからは高評価!その深い理由とは?

 安田大サーカスのクロちゃんと言えば、いま最も嫌われている芸人の最右翼だろう。ツイッターでは常にアンチからの猛批判にさらされ、芸能界でも“みちょぱ”ことモデルの池田美優からも「ガチで気持ち悪い」と言い放たれる始末だ。そんなクロちゃんが、芸能マスコミからは大いに好かれているというのである。

「彼は自分自身に求められている役割を存分に理解しており、取材した際にも記事にできないような内容も含めてゲスい発言を連発しています。そんなクロちゃんに対して“欲しがり”の報道陣がどんどんネタを振るも、メディア側の想像以上にゲスい回答を返す瞬発力には心底驚かされますね。取材の際は怒り口調でまくしたてたかと思えば、すぐに自虐的な態度へと変わり、見た目ほどの高圧的な感じがないのも取材側には好印象。ともあれ取材すれば絶対にネタに困らないという、貴重な存在なのです」(芸能ライター)

 バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、モラハラやセクハラまがいの行為を連発。あれだけのゲスさを披露すれば企業案件には敬遠されそうだが、さにあらず。仕事は着実に増えているという。

「彼はもともと空気を読む能力に長けており、相手がどれくらいドン引きしているのかも冷静に観察しています。また仕事には真摯な態度で臨んでおり、体を張る系の収録では少々のケガもいとわないほど。プロデュースを手掛けるアイドルグループ『豆柴の大群』でも作詞やPV収録に全力投球しており、アイドルファンからの評価は高い。そんなクロちゃんのブレイクは決して一過性ではなく、息の長い芸人になる可能性は十分に高いでしょう」(前出・芸能ライター)

 呆れるほどのゲスさをまき散らすクロちゃんの姿は今年も、ますますお茶の間で楽しみ続けることができそうだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!