スポーツ

中田翔、誰も使わなかった「クセが強すぎる特殊バット」で“清宮潰し”へ!

 北海道日本ハムファイターズの中田翔が「伝説のバット」を発注していた。メジャーリーグの伝説の安打製造機、ピート・ローズと同じ形態のバットで2020年シーズンに臨む。

 契約メーカーのミズノ社が伝えたところでは、グリップエンドがなく、本当にすりこぎ棒のような形態。通常、先輩たちが特注した形態を後に踏襲する選手はたくさんいた。しかし、このバットだけはクセが強すぎて、誰も後に続いて使っていない。そのクセとは、グリップエンドの形態だけではないのだ。

「バットの“表”と“裏”が反対なんです」

 関係者の一人がそう言う。ミズノ社はイチローのバットも製造したので、日米の安打製造機をサポートしてきた。松井秀喜など多くの有名スラッガーたちも支えてきた。したがって、バットサンプルも大量にあるわけだが、ピート・ローズのものだけは誰も使おうとしなかった。

 その敬遠されてきた理由は、先の関係者が言う「表と裏」にある。バットにはボールに当たる面とそうでない面があって、前者を「表」という言い方がされている。

「ボールの当たるほうの面は柔らかく、当たらない法は硬くなっています。柔らかい面が前のほう、表になることでバットに“しなり”も生まれるんですが、ピート・ローズは反対でした。硬い面のほうを表にしてくれ、と」(前出・関係者)

 表と裏が反対になることで、ボールに当てた瞬間、独特の感覚が生じる。また、バットにしなりが生じにくいため、人一倍、パワーを必要とする。ここから先はアスリートの感性になるが、その硬いバットにしなりを作るため、グリップエンドも独特な形態になったのだという。本当に、クセの強いバットなのだ。このバットを試した瞬間、中田は好感触を得たそうだ。

「単にグリップエンドの形態がフィットしたからではありません。硬いバットによる軌道などもチェックしていました。中田は力を入れすぎて失敗することが多いので、力を入れた状態で常に打てるバットと感じたのでは」(前出・関係者)

 2020年は一塁、指名打者のスタメンを清宮幸太郎と争う。まだ覚醒していない後輩だが、猛追ぶりは感じているはず。新スタイルのバットを選んだのも、中田の4番の座は渡さないとする不退転の決意の表れだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ