芸能

2020年最強大開運「アゲマン」芸能美女ランキング(1)川口春奈を観れば仕事運が上昇

 初詣のおみくじで大吉を引けなかった御仁は必見! 新春からの活躍が期待される女優や女子アナの運勢を四柱推命で占い、2020年のラッキー美女をランキング化。たとえ本人に出会えなくても、ドラマを観賞したり、写真集を枕元に置くことで、アゲマンの恩恵にあずかれるのだ。さあ、今からお試しあれ!

「20年の干支である『子』は十二支の中でもトップバッターに位置します。そのため、何か新しいことを始めるには非常に縁起がいい年なのです。そして、今まで努力してきたことが一気に花開く年でもあります」

 20年の運勢動向について解説してくれたのは、「四柱推命」をベースにしたオリジナル占術で、夜のお姉様方を数多く導いてきたアトラクティブクラブ代表の竹田淳子氏だ。

 今回、20年に活躍が期待される女性芸能人たちの運勢を占ってもらった。

 出し惜しみせずに、アゲマン第1位から登場してもらおう。

 今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が急遽決まった川口春奈だ。

「20年から夜が明けたような感じです。ここ数年は、運勢的にも仕事で脚光を浴びる機会が少なかったと見受けられます。いわゆる低迷期からの飛躍の年になります。彼女の天干(てんかん)である『壬(みずのえ)』は大河や海のような水を表すものです。支流から集まった川が大河になるように、これまでに培った努力の集大成を発表する年になります」(竹田氏)

 川口といえば、13年に放送された主演ドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)が全話平均視聴率3.8%と大ゴケ。それ以来、低視聴率女優のイメージがつきまとっている。

 それが今回、合成麻薬所持の容疑で沢尻エリカ(33)が逮捕されたことで大役が回ってきたのは、やはり「持ってる」のだろう。そんなラッキー女優のアゲマン体質を他人事と片づけてはいけない。

 実際に会えなくても幸運を分けてもらえると話すのは、これまで2万人以上を占ってきた実績を持つ「占い館セレーネ」代表の水森太陽氏だ。

「川口さんの場合は、仕事運がとにかく上昇します。テレビ越しにでも彼女の姿を拝むことができれば、視聴者もその開運パワーにあやかれそうです」

 一方で水森氏は、20年は芸能界全体でスキャンダルが発生しやすい年になると警鐘を鳴らす。

「20年の干支の『子』は水の五行になります。東洋では水をセクシュアルなものとして捉えることがあります。そのため、芸能人のスキャンダルが出やすい年にもなるので、私生活には要注意です」

 川口といえば、昨年発売の「FLASH」(12月3日号)で、「RIZIN」を主戦場にする総合格闘家の矢地祐介(29)との熱愛デートを撮られたばかり。大河ドラマでは織田信長の正室となる濃姫を演じるだけに、イメージを損ねないよう男絶ち必須か。

 アゲマン1位については、竹田氏、水森氏ともに異論はなさそうだ。ここからはカリスマ2人の意見をもとに、アサ芸編集部が独自に「アゲマン度」を数値化。栄えあるトップ10の結果はページ下部のとおり。

 僅差で2位にランクインしたのは、3月スタートのNHK朝の連ドラ「エール」のヒロインに抜擢された二階堂ふみだ。

「彼女の運気はトップクラス。『劫財帝旺(ごうざいていおう)』というどんなジャンルでも成功する星を持っています。さらに、彼女は『庚(かのえ)』でもあるので、堂々と表舞台で生きていくエネルギーに満ちあふれた女優さんになりそう。たとえテレビやスクリーン越しでも、その強運にあやかれるでしょう」(竹田氏)

 昨年9月公開の「人間失格 太宰治と3人の女たち」(松竹)では、主演の小栗旬との濡れ場を熱演。正常位で交わりながら、ピンコ勃ちの乳首を惜しみなく披露した。さらなる露出に期待したいところだが、

「これまで我慢してきたものを解放する年になります。もし、本人に脱ぐ意思があるのに、事務所からNGが出ていたのであれば、完脱ぎに期待大です」(竹田氏)

 ヘア解禁は近い!?

■ズバリ鑑定!アゲマン美女BEST10

1位:川口春奈(24)/2位:二階堂ふみ(25)/3位:田中みな実(33)/4位:綾瀬はるか(34)/5位:天海祐希(52)/6位:米倉涼子(44)/7位:長谷川京子(41)/8位:仲間由紀恵(40)/9位:松岡茉優(24)/10位:中山美穂(49)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること