社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<おたふく風邪>「高熱と痛みで睾丸が腫れ受精能力低下も…」

 おたふく風邪は後遺症の残る怖い病気だ。流行性耳下腺炎と言われ、ムンプスウイルスの感染によって発症する。感染力が非常に強く、ウイルスの入った咳やくしゃみを吸い込む飛沫感染や、接触感染によって広がる。

 ウイルスそのものに対する治療法がまだ確立されていないため、解熱剤や鎮痛薬などによって対症療法を行う以外に方法はない。

 先進国で唯一、日本は定期接種を行っていないために、4~5年ごとに流行を繰り返しているのが特徴だ

 主な症状として、発熱、片側あるいは両側の頬や顎の下付近の腫れがある。ただし、感染してからすぐには目立った症状が出ず、平均で18日前後の潜伏期間を経て発症する。また、大人の場合、あまり症状が出ない人もいるため、本人が感染に気づかないうちに、周りの人にうつしてしまうケースが多い。

 大人がかかると怖いのは合併症だ。精子を作る睾丸に炎症が生じる「精巣炎」は、尿道から細菌が侵入して起こる場合もマレにあるが、大半はおたふく風邪によるもの。高熱とともに痛みを伴って睾丸が腫れてくる。治療が遅れると、1割程度は受精能力が低くなってしまい、不妊の原因になることもある。

 他に怖いのが、「ムンプス難聴(感音性難聴)」。ムンプスウイルスの内耳感染によって生じる難聴で、内耳にある蝸牛という、音を感じる器官や聴神経などの異常によって起こる。発症すると聴力は改善しにくい

 おたふく風邪は基本的に一度かかるともうかからないと思われているが、免疫が不十分な場合には再発する場合もある。特に家族に妊婦がいる場合は、必ず抗体検査を受け、抗体がない場合にはワクチン接種をしておくことが必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論