芸能

子役にしか見えない!?上白石萌音、「恋つづ」好調は“アンチ獲得のおかげ”説

 1月21日放送の「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)第2話の視聴率が10.5%と、初回よりわずかに上昇。通常、初回は“お試し”、ザッピング的に視聴する人が多いため、2話では多少数字が落ちるのが通例パターン。何が勝因だったのか?芸能ライターが話す。

「主演の上白石萌音が、相当数の“アンチ”を獲得したことではないでしょうか。1月10日放送のトーク番組『A-Studio』(TBS系)にゲスト出演した際に見せた、笑福亭鶴瓶のサブMCを務める妹の女優・萌歌とのプライベートでも仲むつまじい様子や、両親がともに教師という育ちもあり、すこぶる素直なお嬢様育ちであることがうかがえました。その反面、そのおっとりしてちょっと“鈍くささ”のある雰囲気が叩きやすいキャラクターでもあるのかも…」

 ネット上の視聴者からは、上白石萌音について、その容姿の地味さを指摘する声が少なくなく、〈主人公は浜辺美波ちゃんとかで見たかったです〉〈周りの女優さんの背が高く、萌音ちゃんが子役にしか見えない!〉といった意味の批判が続々。

「上白石の周囲を固める女優陣は、モデル並みのスタイルを持つ美女ぞろい。上白石扮する佐倉七瀬が住むマンションのお隣さんである香里奈に加え、佐倉が勤める病院内でも同僚ナース役の吉川愛や堀田真由、先輩看護師役の平岩紙や医師役の片瀬那奈といった存在感のある面々の中に、ぽつねんと置かれる上白石はどうしても浮いてしまう。でもむしろそれこそが、“演出上の狙い”なのかもしれません。その皮肉な話題性が今回の数字アップにつながったのでは?と思いますね」(前出・芸能ライター)

 さらに、佐倉が恋する医師・天堂浬役の佐藤健については、視聴者からは、〈佐藤健は、あんな役をよく引き受けたなあと意外です〉《大河ドラマ「龍馬伝」で、人斬り以蔵の役を凄まじい程の演技力でもって果たし、「るろうに剣心」でもお見事な殺陣披露!の佐藤健が何でこの役?相手役とは雲泥の差!》といった上白石と釣り合わないといった意見が続々。

「佐藤まで上白石のアンチを増やすのに一役買っているような状況ですが、一方では上白石に、《こういう役を嫌味なくできる》《見てて応援したくなる女優さん》とする声や《この2人だとどうおもしろくしてくれるか楽しみ》など佐藤と織りなすドラマに期待する声もあります。逆にこれから数字が大化けする可能性もありますよ」(前出・芸能ライター)

 次回以降も目が離せない。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」