芸能

東出昌大、主演ドラマが視聴者総スカンで「打ち切り」も危ぶまれるピンチ!

 東出昌大の主演連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の1月23日放送(第2話)の視聴率が9.7%(ビデオリサーチ調べ、東京地区)にダウンした。初回12.0%からの急降下に関係者が青ざめている。

「『ケイジとケンジ』は東出と桐谷健太のW主演。東大卒のエリート検事(東出)と元熱血教師の刑事(桐谷)がタッグを組み、事件解決に挑むバディードラマです。売れっ子脚本家の福田靖氏の完全オリジナル作品で、『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズなどで高視聴率をマークした木曜ドラマ枠での放送。昨年10月期放送の『ドクターX~第6期』がシリーズ中最低平均視聴率(18.5%)だったこともあり、テレ朝にとっては新たな人気作に育てるべく期待に胸を膨らませていたようです。好感度の高い東出と桐谷を起用したこともあり、数字が良ければシリーズ化は間違いなかったところ。福田氏の脚本も好評だっただけに、何とも惜しいですよ」(テレビ誌記者)

 大幅ダウンの理由は、もっか芸能ニュースをにぎわせている東出と唐田えりかとの不貞報道にほかならない。不貞が「疑惑」ではなく、当事者同士が不貞を認めている「確定した事実」であることもあってか、同ドラマのインスタグラムやツイッターには、視聴者からの厳しい投稿が殺到している。「東出さんが出ている限り、絶対に見ません!」「東出続投ですか?じゃドラマ見ません」「たとえ死体役でも見たくありません」「1話がおもしろかったので毎週録画予約してたけど解除しました」「不愉快でしかないし、せっかく楽しみにしてたけど見るわけないよね。打ち切ってください」などと中には「打ち切り」まで求める声もあがるなど情け容赦がない。

 子育て中の妻である杏を思い切り裏切った形の東出に対する拒否反応はかなりのもので、不貞に嫌悪感を覚える主婦や拒絶反応を示す若い女性から総スカンを食っている。

「2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本を担当する三谷幸喜氏が、『スネに傷持っている人はオファーを断って』と言っていたのが、今さらのように思い出されますね。大河は1年間の長丁場だから被害甚大だと受け止めましたが、いざコトが起きてしまえば、1クール3カ月でも破壊的な被害をもたらすわけです。民放だけにCMスポンサーに対しては迅速な対応をしなければならない。局側は今のところ予定通り放送するという姿勢ですが、たとえおとがめなしで放送続行することになっても、視聴者の理解が得られなければ、スポンサーへの不買運動も引き起こされかねません。主役ですから代役をたてて降板というのも現実的ではないし、予定の放送回数を縮めて事実上の打ち切りにでもするんでしょうか…。とにかく今後の対応が難しいですよ」(芸能ライター)

 昨年の沢尻エリカに続いて今度は唐田えりか。次々と現場を襲う“えりか旋風”でドラマが吹っ飛びそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像