女子アナ

ファン悲鳴!「結婚」三田友梨佳、“実家を説得しきれなかった”前カレの残念度

 1月22日、30代の会社員男性と結婚したことがわかった、フジテレビのミタパンこと三田友梨佳アナ。

「今やフジのエースアナとなり、昨年4月からは『FNN Live News α』のメインキャスターに抜擢。男性視聴者の癒やしの存在となっている一方、時に自身が思ったことをド直球で発言するまっすぐな姿勢が好感を持たれ、インスタにアップする手作り弁当の画像は好評価。ネット上でも《嫁にしたい!》との声も多かっただけに、ショックを受けた人も多いのではないでしょうか」(女子アナウオッチャー)

 そんな驚きとともに“意外だった”と言われるのが、そのお相手である。一部週刊誌によれば外資系企業勤務のエリート会社員とされるが、三田アナの交際相手といえば、プロ野球・西武ライオンズの金子侑司だった。

「金子との熱愛が報じられたのは、2014年でした。13年の秋ごろから交際をスタートしたとされますが、その後に破局したものの復縁。その時点で関係が明るみに出たものの、以後もくっついては離れを繰り返し、最新のところでは17年に破局が報じられています」(夕刊紙記者)

 破局の原因としては、以前から三田アナの家柄にあると指摘されている。彼女の実家はミシュランで3つ星を獲得した老舗料亭や、劇場の「明治座」を経営する名家。それだけに、何が起こるかわからないプロ野球選手に娘を託すことへの反対があったとされる。

「交際が始まった当時、金子はドラフト3位で入団したホヤホヤのルーキー。結局、三田アナの家としては当時の年俸1200万円で先の見えない金子のイメージが消えなかったのではないか。しかし、そんな金子も着々と実力をつけ、今季ついに1億円プレイヤーの仲間入りを果たしている。ただ、そうした意味ではもう一歩、説得させるのに遅かったと言えるのかもしれません」(週刊誌記者)

 ともあれ我々としては、三田アナが結婚後も仕事を続けると宣言していることだけが救いである。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”