芸能

みのもんた番組降板で再燃!“TBS女子アナ揉み揉み”騒動の裏側とは?

 1月30日発売の「女性セブン」が、バラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)のMCを3月で降板する、みのもんたに関する記事を掲載した。今回の降板は、スタッフ側の提案だったという。

「記事によると最近のみのは、めっきり言葉数が少なくなり、時には、寝てしまうこともあったのだとか。そのため、降板は熟慮を重ねた制作スタッフ側からの提案で、それをみのが受け入れたというのが実情だそうです」(テレビ誌記者)

 一時は出演番組を数十本も抱える売れっ子司会者だったみのだが、今回の降板によりレギュラーはついに0本となる。そんな彼が“凋落”するキッカケとなった一因には、女子アナへのお触り騒動があった。

「みのといえば13年、情報番組『朝ズバッ!』(TBS系)にて、共演する女子アナのヒップあたりに手を当てている様子が映りこみ大問題に。しかしその後、女子アナは別番組で『(ふざけて)肩を押されただけ』『触られていない』と否定。そして、みのも19年の『週刊新潮』の取材に対し『皆がよくトチるから、そのたびに肩や背中を押したけど』と話し、続けて客がいる前でヒップを触ることなどないという旨を強い言い方で答えています。しかし、女性のヒップに興味はあるようで、インタビューの最後に『女の子の』ヒップを触りながら『憲法について考えてみようと思っているよ。がはははは』との冗談も…。そんな中、ネット上では当時のお触り騒動が再注目されており、『やっぱり男はスケベを封印されると一気に老けこむんだよ』『老人はヒップを触っても無罪にしてあげてほしい』と応援する声が飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 みのはこのまま引退などせず、ぜひネットやCSなどで、艶っぽい番組の司会を担当してほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】