芸能

「女子高生の無駄づかい」2世芸能人・岡田結実と福地桃子の女優能力は?

 1月下旬よりスタートした岡田結実主演の深夜ドラマ「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日系)が話題だ。漫画原作ファンやアニメを観てハマった視聴者からは、《シュールな独特さを実写化では表現できていない》という総スカンを喰らっている。しかし、ドラマが初対面の視聴者には、《中身全くなしのバカバカしいドラマ…でもなんか好き》など、ゆる~い女子高生たちの日常を淡々と描いている世界観に熱視線が送られているのだ。

 さて、深夜枠のドラマでの楽しみの一つと言えば、お気に入りの若手女優や俳優を見つけること。主演を演じる“バカ”こと田中望役を演じる岡田と、脇役ながら“ヤマイ”こと中二病にかかっているという設定の山本美波役を好演している福地桃子の2人に注目してみた。

 芸能記者が次のような指摘する。

「ともに芸能一家で育っていますが、知名度では主演ドラマがこれで3本目となる岡田の方が、今のところは上でしょう。ロングだった髪をキャラに寄せるためにバッサリとショートにして、通称“バカ”役を熱演していますが、お気楽なキャラが見ていて飽きません。《結実ちゃん、頑張りドラマとか恋愛ドラマより全然合ってる!》など、振り切った演技を絶賛する声も。ただ、プライベートでの両親の離婚と父親の再婚、岡田自身の事務所からの独立報道といったストレスからなのか、肌の吹き出物が目立ちます。高校生役ですから、ニキビ面だと思えば済むことですが、正直、メンタルが心配ですね」

 一方の福地はどうか。

「彼女はまだ、連ドラ主演こそ経験はありませんが、昨年のNHK朝ドラ『なつぞら』で広瀬すずの(同い年で血のつながらない)姉妹役を演じて人気が急上昇。年明けより“酔わないウメッシュ”のCMキャラクターにも起用され、そこでも伸び伸びと演じています。ただ、よく見ると父・哀川翔のような“唯一無二のオーラ”のようなものも感じる。『女子高生の──』では、金髪でのツインテールに制服の上に黒いアウター、黒白のボーダー柄でひざ上までの靴下を履くという奇抜なルックスですが、ベースが淡泊だからかえって作りこめる。これは、女優としてはむしろ強みでしょう」(前出・芸能記者)

 さて今後、両者はどのように成長していくのか。(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声