芸能

乃木坂46与田祐希、最新写真集の水着姿に「け、血管まで見える」ファン悶絶

 大きいのは知っていたが、まさかここまでとは…

 乃木坂46・与田祐希が3月10日に発売される2nd写真集「無口な時間」の公式インスタグラムを2月3日に更新。10代ラストの水着ショットを公開したところ、ファンに強烈な衝撃を与えた。

 投稿では〈19歳の与田ちゃんの今が詰まった10代最後の水着ショットを初公開〉と綴り、与田の水着写真をアップ。アップされたのはイタリア・シチリア島のホテルにあるプールで撮影されたもので、花柄のセパレートタイプの水着を着用した与田は切なげな表情でカメラを見つめている。

 可愛らしいイメージがある与田だが、今回はハッシュタグにも〈#色気もあるとよ〉と添えられているように、一段と艶っぽさが際立った1枚となっている。

もちろん表情の色香のためでもあるが、何といっても胸の“渓谷”の主張が強烈なことが大きな要因といえるだろう。

「童顔で小柄なボディとあって、どうしても幼く見える与田ですが、実はバストは乃木坂内でもトップクラスの大きさを誇っているメンバーとして知られています。それでも、極小サイズの水着を着用していると勘違いしてしまうほど、バストがあふれ出そうになっています。炭酸飲料『ファンタ』のCMではバストラインが浮き出るオリジナル制服をメンバーたちは着用していますが、与田のバスト部分が他のメンバーよりも際立ってパツパツになっていると話題になっていましたが、まさか2年前にリリースされた1st写真集からこれほど大きく成長していたとは…」(アイドル誌ライター)

 当然、ファンの視線も与田のバストに釘付けとなったようでファンからは「まさかここまで実っていたとは想像以上だわ」「血管まで見えてるのがたまらんな」「生ちゃんの血管バスト見た時と同じ衝撃が体に走った」など、興奮気味な声が見受けられている。

「乃木坂46の先輩・生田絵梨花も昨年1月リリースの2nd写真集『インターミッション』で、自慢のバストが存分に強調されていましたが、中でもアンダーウエア姿の1枚ではバストに血管が浮き上がったショットが過激だと注目を集めました。今回の与田の水着写真もよく見ると血管まで見えることから、ファンの間では“生田級の衝撃”だと話題となっているようです」(前出・エンタメ誌ライター)

 写真集にはこの先行カット以上に際どい写真が収められているはずとあって、ファンの期待感は上昇中。同じ3期生の山下美月が先月リリースした1st写真集は発売初週で10.6万部を売り上げているが、与田もそれに対抗できるセールスを叩き出してくれることだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道