芸能

沢尻エリカを待ち受ける「10億円返済地獄」(1)「辞められるわけにいかない」

 2月6日に下されたのは執行猶予付きの有罪判決。ムショ行きは免れたが、クスリに溺れた代償はあまりに大きかった。大河ドラマの撮り直し費用、CMの違約金で発生した10億円もの莫大な賠償金を返済するには、いちいち仕事を選んではいられない。各界からの熱烈オファーとエリカ様が直面する地獄とは‥‥。

 合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の罪に問われていた沢尻エリカ(33)の動向に注目が集まっている。

 昨年11月の自宅での逮捕と翌12月の起訴を経て、1月31日に開かれた初公判。東京地裁には19席の傍聴券を求め2229人が長蛇の列を作った。

「薬物がつないだ偽りの友情にとらわれていた」

 公判でこう反省の弁を述べた沢尻は、職業を聞かれて「無職です」と答えたうえで、

「女優復帰は考えていません」

 と、芸能界引退の意思を示した。だが、業界では彼女を巡ってさまざまな思惑が渦巻いている。

「沢尻本人は『復帰を語る資格はない』と言っていましたが、所属事務所であるエイベックスの内部では『もっと稼いでもらわないと困る』『このまま辞められるわけにいかない』との見解が総意となっています」

 こう明かすのは芸能関係者だ。続けて、その背景にある巨額の違約金について解説する。

「もともと、事務所としては違約金を肩代わりしたうえで、引き続き復帰後のマネージメントを担当するのが既定路線。彼女が起訴された際には『沢尻の更生を支援する』とのリリースも出しています。そこまでバックアップしているのも、違約金の高騰が最大の理由となっているからです」

 逮捕によってNHK大河ドラマ「麒麟がくる」と、「インディード」など4社のCMを降板させられたが、当初の想定よりも大幅に違約金が膨らんでいるというのだ。

「10話分まで撮影していたうえ、川口春奈(25)が急遽代役で帰蝶役を務めることになり、初回放送を2週も遅らせざるをえない事態となった。この大河ドラマ撮り直しの影響がきわめて大きく、逮捕時には一部のセットをすでに取り壊してしまっていたため、新たなセットの制作やCGでの対応を余儀なくされてしまったんです。撮り直し分の制作費や宣伝費などを含め、7億円から8億円の賠償請求が行われる見通しなんです」

 芸能関係者はこう暴露し、NHKに加えてCMスポンサー各社への賠償額を合わせると「10億円に達する見込み」と指摘するのだ。裁判で実刑は免れても、違約金弁済は待ったナシの状態。周囲では早くも復帰後の10億円返済に向けた「荒稼ぎプロジェクト」が始動しているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!