芸能

森星、「ドリカム公演を出禁」報道で中村正人が全面否定もモヤモヤが残るワケ

 モデルの森星は“窮地”に立たされているのか──。

 2月12日に「週刊女性PRIME」が配信した記事によると、森はかねてから大ファンと公言しているDREAMS COME TRUE(以下、ドリカム)のツアーを訪れたところ、同行した男性が起こしたトラブルの余波で、ドリカムのライブを出禁処分にされてしまった、というのだ。

 森は昨年行われたドリカムのツアーに「どうしても行きたい」と、レコード会社の知り合いに頼み込んでチケットを手配してもらい、大親友の男性と喜んでライブに行ったという。ライブが終わり、同行男性とともにドリカムの楽屋へ挨拶に向かった森だったが、イベント運営スタッフの証言によると、その男性は楽屋の前で大声で騒ぎ歌い出したり、あげくの果てに楽屋前の通路で持ち込んだスケボーを乗り回し始めたというのだから驚きだ。さらに記事によれば、森に同行した“大親友”とは、モデルでアーティストのYOSHI。現在16歳で13歳の頃から一流ブランドのファッションイベントでモデルとして活躍。昨年は俳優としてもデビューしているが、

「そうした活躍よりも“奇行”ともいえるような言動で注目されることが多いようです」(芸能記者)

 例えば、俳優デビュー作の映画「タロウのバカ」の記者会見では、共演した菅田将暉さんや監督にもタメ口で、「主演のYOSHIでぇぇす! イエェェェイ!」などと叫んで周囲を驚かせ、昨年末に出演した「行列ができる法律相談所」(日本テレビ系)でも、明石家さんまさんにタメ口で接し、“カンチョー”攻撃を仕掛けて視聴者から批判があがったとのことだ。結局そんな非常識な男を連れてきてしまった森はひどく怒られてしまい、今後のドリカムのライブは出禁と言い渡されてしまったのだとか。

 こうした内容の記事にネットでは「これは星ちゃんかわいそうすぎる」「馬鹿なガキの巻き添えで大好きなアーティストの出禁食らうなんて悲劇だね」「ドリカムの二人が怒るのも無理はない」「森星は何でそんなおかしなガキを連れていったんだろ…10歳以上年下の男が親友ねえ(笑)」「出禁はYOSHIだけでいいだろ」といった声が起きている。

 これに対して、ドリカムの中村正人は13日に自身のブログを更新し、「森出禁」の報道について、記事に出てくる関係者の存在は〈確認できませんでした〉とし、記事内容は〈事実ではありません〉と明言。〈このことにより、森星様を傷つけ、ご迷惑をおかけしてしまったことをお詫び申し上げます〉と謝罪している。さらに記事を扱ったSNSやネットニュースにも速やかな記事の修正・削除を求めるなど、丁寧な言葉遣いながらも、事実関係が違うことを強調している印象だ。

 この中村の発言にネットでは「星ちゃん出禁じゃないんだね?よかったね!」「中村さん優しい!」「記事と中村さんの発言、どちらがどれだけ正しいのか何とも…火のない所に煙は立たないからね(笑)」といった意見が寄せられている。

「中村の発言に懐疑的な意見が出ているのは、森やYOSHIと当日会ったか否か、会ったとすればどんな会話があったかなどが触れられていない点があります。会っていないなら、会っていないと書いたほうがより事実無根だとわかりやすく伝わるはずですから、やはり“何かあった”という疑念は残ってしまいます。もしかすると、何かしら行き違いはあったにせよ、双方で丸く収まったのかもしれませんね」(前出・芸能記者)

 いずれにせよ、アーティストの楽屋へ連れて行くのは、本当に信頼できる常識人だけにしたほうが良さそうだ。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった