芸能

第2絶頂期到来!小池栄子巨胸が「3D進化」のド迫力フェロモン現場に肉薄!

 小池栄子(39)が「第2の絶頂期」を迎えている。昨年は出演するバラエティ番組で「ヤラセ不祥事」があったものの、小池自身の「仕切り力」は大御所相手でも絶大。さらに、一時は封印していた巨胸ぶりも堂々披露。「3D進化」を遂げ、出演者やスタッフも目のやり場に困るほどだというのだ。

 2月14日公開の映画「グッドバイ~嘘から始まる人生喜劇」の宣伝で、W主演を務める大泉洋(46)とともに、多くのバラエティー番組に出演している小池栄子。そのサービス精神ぶりが発揮されたのが、2月7日に出演した「ぴったんこカンカン」(TBS系)での「ぴったりニット姿」だった。

 テレビ誌記者が振り返る。

「番組では司会の安住紳一郎アナ(46)と大泉と3人で全国の名店を巡る丸1日弾丸グルメツアーを強行。予約の取れない静岡の人気ジビエ料理店では、30分しか時間のない中、小池はイノシシ肉のしゃぶしゃぶを器に取り分けたり、鍋に肉を追加したり、その合間に安住アナにお酌をしたりと、要領よくテキパキと働いていました。そして、その小池はロケ前半では、着ていたジャケットを脱ぎ、体のラインがまるわかりのぴったりとしたタートルネックのニット姿に。Fカップの爆胸を惜しげもなく公開しています。しかもニットが薄いベージュ色だったためか、ボディラインが一目瞭然。それが終始、目に飛び込んでくるので、番組の内容がまったくわかりませんでしたよ(笑)」

 グラドルでブレイクしつつも一時は、巨胸をひた隠しにしていた彼女に起きた心境の変化とは? 2月18日発売の「週刊アサヒ芸能」2月27日号では「小池栄子の最新色香」の秘密に肉薄している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」