芸能

「豆柴の大群」の新曲でクロちゃん盤のほうが支持されるワケ

 バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)から生まれたアイドルグループ「豆柴の大群」が、2月12日の放送に登場。一度は解任された元プロデューサーのクロちゃんを“アドバイザー”として復帰させるかどうかの対決を行うことが明かされた。

「デビューCD『りスタート』の売れ行きに命運を託されたクロちゃんでしたが、結果は【解任&罰 ver.】が最も売れることに。12月25日の生放送では逆さ吊りで水槽に沈められる罰を受けました。しかしタダでは起きないクロちゃんは生放送の直後に、豆柴の大群が所属する事務所『WACK』に直談判すると宣言。今回の放送ではWACKの渡辺淳之介代表と会食するシーンが映し出されました。その場で渡辺氏はファンから《クロちゃんのほうが良かった》との批判が多数届いていると説明。そこで3月4日にリリースする2ndシングルに、クロちゃんの復帰を託すこととなったのです」(テレビ誌ライター)

 その2ndシングルではクロちゃんが作詞作曲した「ろけっとすたーと」と、WACK側が用意した「大丈夫サンライズ」の2枚を同時発売。2月19日までの一週間でMVが再生された回数を競い、「ろけっとすたーと」が上回った場合にはクロちゃんがアドバイザーとして復帰することとなった。

 その「2ndシングルMV再生回数対決」では、序盤から「ろけっとすたーと」がリード。2月14日時点では270万回再生され、「大丈夫サンライズ」の220万回を2割以上も上回っている状況だ。しかしクロちゃんと言えば嫌われ芸人の代表格。なぜ今回の対決では、デビューCDで【解任&罰 ver.】が最も売れたのとは逆の現象が起こっているのだろうか?

「『水ダウ』の企画で視聴者が求めるのは“よりおもしろい結果”なのです。それゆえデビューCDでは、クロちゃんのプロデューサーとしての適性うんぬんよりも、《罰ゲームを見たい!》という思いのほうが上回りました。そして今回は単にクロちゃんが放逐されるより、アドバイザーとして豆柴の大群に関わり続けるほうがおもしろそうだと判断する視聴者が多いのでしょう。真っ当なアイドルファンは両曲を聴き比べたうえで《こっちのほうが良曲》と思ったほうを再生し続けるはずですが、アイドルへの熱い思いを持たない多くの視聴者は、クロちゃんがよりおいしくなるほうを選ぶのも当然です」(前出・テレビ誌ライター)

 今回の2曲にはクロちゃんらしさ、そしてWACKらしさが如実に表れている。先入観なく聴き比べてみるのもまた楽しいに違いないだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
5
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ