芸能

「豆柴の大群」の新曲でクロちゃん盤のほうが支持されるワケ

 バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)から生まれたアイドルグループ「豆柴の大群」が、2月12日の放送に登場。一度は解任された元プロデューサーのクロちゃんを“アドバイザー”として復帰させるかどうかの対決を行うことが明かされた。

「デビューCD『りスタート』の売れ行きに命運を託されたクロちゃんでしたが、結果は【解任&罰 ver.】が最も売れることに。12月25日の生放送では逆さ吊りで水槽に沈められる罰を受けました。しかしタダでは起きないクロちゃんは生放送の直後に、豆柴の大群が所属する事務所『WACK』に直談判すると宣言。今回の放送ではWACKの渡辺淳之介代表と会食するシーンが映し出されました。その場で渡辺氏はファンから《クロちゃんのほうが良かった》との批判が多数届いていると説明。そこで3月4日にリリースする2ndシングルに、クロちゃんの復帰を託すこととなったのです」(テレビ誌ライター)

 その2ndシングルではクロちゃんが作詞作曲した「ろけっとすたーと」と、WACK側が用意した「大丈夫サンライズ」の2枚を同時発売。2月19日までの一週間でMVが再生された回数を競い、「ろけっとすたーと」が上回った場合にはクロちゃんがアドバイザーとして復帰することとなった。

 その「2ndシングルMV再生回数対決」では、序盤から「ろけっとすたーと」がリード。2月14日時点では270万回再生され、「大丈夫サンライズ」の220万回を2割以上も上回っている状況だ。しかしクロちゃんと言えば嫌われ芸人の代表格。なぜ今回の対決では、デビューCDで【解任&罰 ver.】が最も売れたのとは逆の現象が起こっているのだろうか?

「『水ダウ』の企画で視聴者が求めるのは“よりおもしろい結果”なのです。それゆえデビューCDでは、クロちゃんのプロデューサーとしての適性うんぬんよりも、《罰ゲームを見たい!》という思いのほうが上回りました。そして今回は単にクロちゃんが放逐されるより、アドバイザーとして豆柴の大群に関わり続けるほうがおもしろそうだと判断する視聴者が多いのでしょう。真っ当なアイドルファンは両曲を聴き比べたうえで《こっちのほうが良曲》と思ったほうを再生し続けるはずですが、アイドルへの熱い思いを持たない多くの視聴者は、クロちゃんがよりおいしくなるほうを選ぶのも当然です」(前出・テレビ誌ライター)

 今回の2曲にはクロちゃんらしさ、そしてWACKらしさが如実に表れている。先入観なく聴き比べてみるのもまた楽しいに違いないだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!