スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「末脚が武器アラタの好走必至」

 今週は東西でクラシック第一弾、桜花賞および皐月賞のトライアルレースが行われる。皐月賞のそれ、弥生賞ディープインパクト記念が中山のメインだ。

 皐月賞と同じ舞台、距離で行われるだけに、本番を占う意味できわめて重要な一戦だが、それ以上にここで勝ち負けする馬は、その後の活躍も顕著である。ディープインパクト(GI7勝)を筆頭として、アドマイヤムーン(GI3勝)、ロジユニヴァース(ダービー)、ヴィクトワールピサ(GI3勝)など、スターホースとして羽ばたいていく馬が多く、まさにファンとしては目が離せまい。

 今年もスター候補の呼び声高い素質馬がそろった。JC勝ちのエピファネイアを伯父に持つオーソリティ、そのエピファネイア産駒でデビュー戦を鮮やかな勝利で飾ったオーロアドーネ、強烈な強さで目下連勝中のサトノフラッグ、そしてホープフルS3着から巻き返しを期しての登場になるワーケアという面々だが、いずれの馬が勝っても納得がいく好素材馬ばかりである。

 まずはどんな傾向があるか、データをひもといてみよう。

 この重賞に馬単が導入されてからの過去17年間、その馬単での万馬券は3回(馬連2回)。この間、1番人気馬は9勝(2着2回)、2番人気馬は5勝(2着2回)。1、2番人気馬によるワンツーは4回あり、言ってみれば、比較的本命サイドの結果で収まることが多い。前述したように、それだけ厩舎期待の素質馬がそろうということだろう。

 しかし、それでも穴党としては、やはり人気薄の馬に目を向けてみたい。中でも期待を寄せたいのは、アラタである。

 未勝利を勝ち上がったばかりで芝2000メートルを2分5秒5と時計も平凡だが、レースはなかなかの好内容だった。

 ここが4戦目となるが、使われつつ体重が増えており、特にしまいの脚は特筆に値するもの。これからどれだけよくなるかと期待を持たせるに十分で、見るものに実にいい印象を与えてくれた。

「まだ成長途上の段階で、これからよくなることは確か。楽しみな馬だね」

 これはレースで手綱を取った大野騎手の弁だが、かなりの能力を秘めた馬であることは間違いなさそうだ。だからこそ、陣営としては強敵ぞろいのこの重賞にぶつけてきたのだろう。それだけに狙ってみる価値は大いにある。

 近親にワンカラット(GIIフィリーズレビューなど重賞4勝)がいて、一族にもアナバー(GI2勝)がいる。母系は欧州の一流血脈で、バランスの取れたアカ抜けた好馬体から、かなりの大物とニラんでいる。1週前の追い切りも文句なく、好走必至とみた。

 一方のチューリップ賞も顔ぶれがいい。2歳女王のレシステンシアを筆頭に素質馬ぞろい。それだけに難解だが、最も期待したいのは、チェーンオブラブだ。

 前走のフェアリーSでも注目していたが、体重が前走に比べて10キロ減っていたことで、パドックではイレ込む姿も見られた。それでも鋭い末脚で2着を確保。力のあるところを見せてくれた。

 この中間は落ち着きを取り戻して実にいい雰囲気。馬体もふっくらとして、体調は前走以上とみてよさそうだ。

 曽祖母ヴェルサイユトリーティは、アラバマSなど米GI4勝の女傑で、こうした血統的背景からも能力はかなりのもの。勝ち負けになっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美