芸能

「孤独のグルメ」松重豊が家事万能の猫になる!?テレ東4月ドラマが攻めすぎッ

「孤独のグルメ」を超えるヒットシリーズに大化けするかも。

 ほしよりこの人気漫画「きょうの猫村さん」(マガジンハウス)が実写化される。挑戦するのは、あの漫画「孤独のグルメ」を実写化、人気シリーズに育て上げたテレビ東京。4月8日スタートだ。

 主人公の猫の猫村さんを演じるのは、「孤独のグルメ」の井之頭五郎役でおなじみの松重豊。二足歩行で人間の言葉を話し、頑張り屋で家事万能の猫という設定。自分を拾ってくれた飼い主・ぼっちゃんと再会のために家政婦として働いてお金を貯めることを決意。派遣された「犬神家」で家事に奮闘するさまを描く。

 ドラマ化にあたり、松重は、「ほしよりこさんの描く世界観が好きで、安易に実写化など考えてほしくないと思う一人でした。しかし最初にお話をいただいてから何年か経ち、もう立ち消えになったかと思うと淋しく感じたものです」と数年越しのオファーだったことを明かしたうえで、「今日、衣装合わせで鏡を見てるうちに、猫村さんを演じる自分が楽しくなってきました」と4歳の猫の、しかも家政婦を演じる喜びをおもしろがっていることを打ち明けている。

 原作漫画はネットから火が付き、単行本9冊で累計330万部を越える売り上げを記録した人気作。ネットではすでに大きな話題になっており、漫画ファン、松重ファンがこぞって諸手をあげて歓迎している。特に意外というべきか、松重のビジュアルが想像以上の仕上がりとして大人気になっているのだ。原作漫画のイメージをそのまま反映させており、猫のかぶりものをつけた松重がピンク色のほっぺで小首をかしげ、ピンクのエプロンをつけ、買い物かごを持ち、ピンクの小さ目なつっかけ(サンダル)を履いた姿がたまらなくキュートで、猫にしか見えないと話題をさらっている。

「189センチの長身、眼光鋭いコワモテ系の見た目であることから、長らくカタめの役が多かった感のあった松重ですが、『孤独のグルメ』抜擢後の2012年以降、みごとにイメチェン。食いっぷり抜群の井之頭五郎役に扮した当たり役はシーズン8を数えるシリーズとなり、3年続けて大みそか特番が放送されるモテっぷりでした。ただその一方で、心身が激変したようです。もともと小食だったのが、ロケのたびに胃拡張になるほど食べたとか。酒をやめ、タバコをやめ、食生活も様変わりしたが、年齢を重ねるごとに毎回完食するのが重荷になっており、降板したがっていたんですよ。今回のドラマは2分30秒のミニドラマで、全24回の放送予定。新たな魅力を発信できれば、ニュー松重をアピールできそうですね」(芸能ライター)

 テレ東では、人気ギャグ漫画シリーズ「浦安鉄筋家族」も佐藤二朗主演で4月期に実写ドラマ化される。深夜の楽しみが増えた。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」