芸能

萩本欽一「スーちゃん突然のアポなし訪問と女優復帰に隠された“一大決心”(2)

見たことがない大粒の涙

 僕としては、「やっぱり明るい番組で、楽しそうにやってるのが弟さんもいちばん、喜ぶだろう」と、自分の番組「欽どこ!」に出演してもらうことにしました。

 その記者会見で、僕は記者の皆さんに「これからスーちゃんをよろしくお願いします。どうか、これからのスーちゃんに拍手をしてあげてください」とお願いしました。

 しかし、拍手はパラ、パラで、決して好意的ではありませんでした。でも、それはしかたのないことです。記者の皆さんも事情がわからないのですから。

「もう復帰しません。普通の女の子に戻ります」と宣言して引退したのに、2年後には「復帰しました」ですからね。

 記者会見のあともいろんなことを書かれましたが、僕はスーちゃんに言いました。

「スーちゃん、女優として大きな賞を獲るように頑張るんだよ。そしてさ、弟さんの前で大きなトロフィーを持って、『見て! お姉ちゃん、やったわよ!』って叫びなよ。それまではさ、どんなことを言われても我慢しなよ」

 目をキラキラッとさせ、「ええ、やります」と答えてくれたスーちゃん。「欽どこ!」のレギュラーは半年間で、その後は女優業に邁進。89年、映画「黒い雨」で、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に選ばれます。そして、スーちゃんからのご指名で僕がトロフィーのプレゼンターに。

 楽屋に行くとスーちゃん1人。

「すごいね! これで弟さんの前で『お姉ちゃん、やったわよ!』と叫べるね」

 僕がそう言うと、“ポトッ!”とスーちゃんの瞳から大粒の涙がこぼれました。“ツーッ”という細い涙ではなく、生涯のうちそれまで、一度も見たことのない大きな涙です。

「弟、亡くなったの‥‥」。スーちゃんが再デビューした1年後の81年に亡くなったというのです。

「お空に向けて見せてあげるんだね」と言うと、また、大粒の涙がポトッ!

 今は弟さんと同じ天国にいるスーちゃん(2011年永眠)。

「ホラッ、これが主演女優賞のトロフィーよ」「頑張ったね、お姉ちゃん」。

 僕には天国での2人のそんな会話が聞こえてきます。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題