社会

悪夢の新型コロナ、新聞・TVが報じない「恐怖で首都制圧」の闇現場とは!

 ミラノ、ロンドン、パリ、ニューヨーク─。世界各地でドミノ倒しのごとく外出禁止令が発動!人気のない繁華街の光景はまさにゴーストタウンそのものだ。もはや東京も風前の灯。テレビや新聞が報じない場所でも「悪夢のコロナ」が制圧。そんな首都の「今」を緊急レポートしているのが、3月31日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

 小池百合子都知事が緊急会見を開き「感染爆発の重大局面にある」として、不要不急の外出を控えることを都民に要請したのは去る3月25日夜のこと。併せてこの日の新たな感染者41人を発表し、東京が北海道を抜き、全国1位の感染者となったことが判明。

 さらに、3月29日には、68人の感染が確認され、5日連続で東京では、新しい患者が40人以上に上ったこともわかった。

 今後も感染者が増え続けるなどの状況によっては、都市を封鎖する“ロックダウン”なる強力な措置がとられる可能性も出てきた。都庁詰め記者が解説する。

「“ロックダウン”とはいえ、日本の場合は、基本的には外出の自粛やイベントなどの制限などが行えるが、海外のように外出しただけで罰金を科したり、電車・バスなど公共機関の停止などまでは行えません。オーバーシュート(感染爆発)、ロックダウン(都市封鎖)など、おどろおどろしい横文字を使うことでインパクトを打ち出すのが小池流だと評価する記者もいましたが、反対に、東京五輪の開催延期が決まったとたんに感染者が急増したことを不審がる者もいましたね」

 そうした状況の裏側で、首都のナイトエコノミー業界も大打撃を受けている。高級クラブを皮切りに風俗業界、果ては贔屓客の中にも感染者が出るケースも…。健康被害のみならず経済的損失も果てしない勢いの「首都に猛威を振るう新型ウイルス」の「見えない恐怖」の全貌を、3月31日発売のアサヒ芸能4月9日号が詳細にレポートしている。 

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった