社会

悪夢の新型コロナ、新聞・TVが報じない「恐怖で首都制圧」の闇現場とは!

 ミラノ、ロンドン、パリ、ニューヨーク─。世界各地でドミノ倒しのごとく外出禁止令が発動!人気のない繁華街の光景はまさにゴーストタウンそのものだ。もはや東京も風前の灯。テレビや新聞が報じない場所でも「悪夢のコロナ」が制圧。そんな首都の「今」を緊急レポートしているのが、3月31日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

 小池百合子都知事が緊急会見を開き「感染爆発の重大局面にある」として、不要不急の外出を控えることを都民に要請したのは去る3月25日夜のこと。併せてこの日の新たな感染者41人を発表し、東京が北海道を抜き、全国1位の感染者となったことが判明。

 さらに、3月29日には、68人の感染が確認され、5日連続で東京では、新しい患者が40人以上に上ったこともわかった。

 今後も感染者が増え続けるなどの状況によっては、都市を封鎖する“ロックダウン”なる強力な措置がとられる可能性も出てきた。都庁詰め記者が解説する。

「“ロックダウン”とはいえ、日本の場合は、基本的には外出の自粛やイベントなどの制限などが行えるが、海外のように外出しただけで罰金を科したり、電車・バスなど公共機関の停止などまでは行えません。オーバーシュート(感染爆発)、ロックダウン(都市封鎖)など、おどろおどろしい横文字を使うことでインパクトを打ち出すのが小池流だと評価する記者もいましたが、反対に、東京五輪の開催延期が決まったとたんに感染者が急増したことを不審がる者もいましたね」

 そうした状況の裏側で、首都のナイトエコノミー業界も大打撃を受けている。高級クラブを皮切りに風俗業界、果ては贔屓客の中にも感染者が出るケースも…。健康被害のみならず経済的損失も果てしない勢いの「首都に猛威を振るう新型ウイルス」の「見えない恐怖」の全貌を、3月31日発売のアサヒ芸能4月9日号が詳細にレポートしている。 

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
5
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ