女子アナ

田中みな実、「同じ日に出演した2番組」の視聴者をザワつかせた“疑惑”とは?

 どうやら「人気絶頂」の水面下で、世間の「アンチ田中みな実」がザワつき続けているようだ。

 コトの発端は去る3月22日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)。この日は、同日でレギュラー出演を卒業する西川史子のために、同番組の歴代アシスタントの女子アナとのロケを番組では敢行したが、そこで、4代目アシスタントの青木裕子と5代目アシスタントの田中みな実が西川と同席する形となった。

 田中はかつて「サンジャポのメイクルームで(青木)裕子さんが私の顔をジッーと見て『何だろう? みな実ちゃんって、あ、鼻が曲がってるんだ』って(言われた)」ことがあったという、青木との昔話を披露。それを聞いていた青木が「まっすぐにしたんでしょ?」と美容整形をほのめかすようなツッコミを田中に入れたのだ。

 即座に「してないです!」と否定する田中は、続けて、「一生懸命整体で毎日整えてもらった時期があったの」と補足説明。さらに田中は「みんな曲がってるんですよ。裕子さんみたいにキレイにすっと通った鼻の人は滅多にいない」と、青木の美しさを強調すれば、青木が「こういうことするんです、こういう子なんです」と言い、視聴者に2人が火花を散らしているかのような印象を与えたのだった。

 また、同日午後に放送された「ロバート秋山・千鳥ノブ&田中みな実の上書きゴシップ~ちょっとそれ違うんです~」(日本テレビ系)では、VTR出演したタレントの最上もがが、自身の整形疑惑を否定。まぶたがやせたこととつけまつげをする習慣から二重のクセがつき、目元がパッチリして見えるようになったと弁明。

 ここでは田中は何ら最上の整形疑惑についてコメントしなかったが、「サンジャポ」と、この「上書きゴシップ」という、田中が同じ日に出演した2つの番組を巡って、視聴者がネット上でザワついているというのだ。

「『サンジャポ』では、かつて、自身が『サンジャポ』に出演していた2013年頃の田中の姿が紹介されたのですが、『現在とは目と鼻が違って見える』とのツッコミが続出。そして『上書きゴシップ』では、最上が整形疑惑を否定したVTRに対し、田中のコメントはゼロだったことに違和感の声が出て、『いつもの田中なら噛みつくはずなのになぜ無言?』『田中が最上に何も言わないのは“言える立場ではない”から?』など、活発な議論が起きているようなんです」(女性誌記者)

 いずれにせよ、ストイックに美を追求し続けていることは疑うべくもない田中。これからもその「進化」は止まらないことだろう。 

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
2
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
真木よう子、「Gバストが白シャツを突き破りそう!」なコスプレ姿「健在破壊力」