芸能

内田理央主演ドラマ「来世ではちゃんとします」続編を熱望する声が殺到中!

 3月25日深夜に最終回を迎えたドラマ「来世ではちゃんとします」(テレビ東京系)。初回放送では主人公・桃江を演じる内田理央が亀の甲柄のように縄で縛られながら、皿を舐めるようにしてオムライスを食べるシーンが大きな話題となり、ネット上では東京、大阪、愛知のみで放送されるドラマであることにブーイングが多発。第2話でも桃江(内田)が胸を揉まれるシーンがあり、ますます苦言を唱える声が大きくなる事態を招いた。

 しかしその後は、性交渉を趣味と位置づけ、6人の肉体的なフレンドを持つ桃江だけでなく、桃江が勤めるCG制作会社「スタジオデルタ」の性をこじらせた同僚たちにもスポットが当てられ、27歳で男性経験のない梅ちゃん(太田莉菜)、メンヘラ製造機イケメンの松田君(小関裕太)、セカンドDTの林君(後藤剛範)、性奉仕を仕事にしているプロ女性にガチ恋している檜山さん(飛永翼)の苦悩も描かれた。

「舞台となったスタジオデルタに勤める全員がそれぞれ性をこじらせていることが描かれたことで共感性が高まり、単に内田が艶っぽいキャラを演じているだけの下品なドラマにならず、高評価される結果となったのでは。特に、第11話で桃江と松田君が肉体関係を結ぶのが自然と思われる状況において、あえてそうならずに踏みとどまりました。ネット上ではこの展開だったからこそ続編を望む声が増えたように思います。肉体的なフレンドが6人もいる桃江のギリギリの貞操観念が、視聴者に安心感と爽やかさを与えたのでは」(テレビ誌ライター)

 いつまちゃん氏によるドラマと同名の原作漫画は現在も「グランドジャンプ」で連載中。続編の可能性はあるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!