芸能

石田ゆり子、自宅カレンダーに付けた“印”に思わず妄想する秘められた意味

 女優の石田ゆり子がインスタグラムのペット用アカウントで投稿した内容に、驚きの声が上がっている。

 それは3月27日の投稿で、愛猫のはっちの写真を公開。その写真にはカレンダーも見え、石田は「ちなみにカレンダーの緑の丸は動物たちにご飯をあげたらつける丸 忘れるんですよ…ご飯あげたかどうか…」とコメントしている。

 カレンダーを見ると、たしかに緑の○が。1日につき2つの○があることから、石田はペットに1日2食を与えているようだ。

「ペットに餌をあげたかどうか忘れてしまうなんて、心配になりますね。石田本人も『大丈夫かしらわたし』と書いています。ただ、動物好きの石田のこと、もし忘れたとしても反応を見ればわかるだけに、少々引っ掛かるところがあるんです」(週刊誌記者)

 つまり、その○印を付ける目的が違うというのだ。どういうことか。

「もう一人、同居人がいるのではないかという見方もできます。それぞれがすれ違う状況を考えれば、どちらが餌をあげたか常に確認し合う必要がある。そのために互いにカレンダーに印するルールを決めているとか…。石田は『餌をあげたかどうか忘れてしまうので印を付けている』としていますが、実際は同居人に教えるためなのかもしれませんよ」(前出・週刊誌記者)

 奇跡のアラフィフと呼ばれながら、近年は浮いた話すらない石田に果たしてそんな相手がいるのか。

「お手伝いさんに教えるために印を付けているということも考えられます。ただ、それならわざわざ嘘を書く必要はない。隠したのであればやはり…などと勘ぐってしまいますね(笑)」(前出・週刊誌記者)

 何やら色々と妄想してしまうインスタなのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは