芸能

内田理央、「修正写真」公開で大物女優の「過去写真」が再び話題になったワケ

 女優の内田理央が2月10日、インスタグラムで修正したことを明かした写真を公開し、ファンをざわつかせている。

 内田がブランケットにくるまった写真でとてもキュートなのだが、〈アプリで撮ったら盛れるかわりにドア歪んだ……〉と修正したことを告白している。

「女性タレントが写真を“盛る”すなわち加工、修正するのはよくあること。内田も常識の範囲で行ったようです。ドアが歪んだということは、体をほっそり見せる加工をしたのではないでしょうか。ただ、それほど不自然な感じはないので、修正したとしてもわずかだと思われます」(ネットウォッチャー)

 ファンも修正に対して批判的ではなく、コメント欄には「ぜんぜんわかりません」「修正しなくてもきれいです」といった意味の好意的な声が上がった。

 だが、内田の写真によって、過去の修正事件が蒸し返される事態になっている。

「ドアが歪むほどの修正をしたとされているのがネット民の間で定説となっているのは女優の藤原紀香です。16年にブログで全身の写真を公開したのですが、ドアが歪んで見えるショットでした。足やウエストをほっそりさせようと加工した際に、ドアが歪んでしまったと思われます。指摘されるとすぐに加工前の写真に差し替えされていたようですが」(前出・ネットウォッチャー)

 本人が後にテレビで加工を否定。ポージングのせいでそう見えただけであると説明した。内田の写真によって紀香を思い出した人は多いようだ。

「加工の具合が紀香に比べて少しだったこと、そして素直に明かしたことで内田は炎上などはせずに済みました。ネット民は隠したりすることを嫌いますからね。内田の対応は合格といえるでしょう」(前出・ネットウォッチャー)

 炎上経験のある美女たちは内田を参考にするとよさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意