芸能

陣内智則にくすぶり続ける「R-1ぐらんぷり」審査員の怪言動と出来レース説

 3月8日に決勝戦が行われた「R-1ぐらんぷり2020」(フジテレビ系)を巡り、出来レース説がいまだやまないようだ。

 今年のR-1ぐらんぷりでは「マヂカルラブリー」の野田クリスタルが優勝を果たしたが、お笑いファンが疑問視しているのは敗者復活戦を勝ち上がった大谷健太がCブロックで、ワタリ119を押さえて最終決戦に進んだこと。その投票結果についてテレビ誌ライターが指摘する。

「Cブロックでは視聴者投票でワタリが6ポイントをゲットし、大谷は4ポイントでした。ところが審査員票ではワタリに投票したのは関根勤のみで、他の審査員全員が大谷に票を入れたことで、大谷の逆転勝利となったのです。その結果、最終決戦に進んだのは3人とも吉本興業の所属芸人だったことから、主催者でもある吉本の自作自演だ、出来レースだと批判を浴びることとなりました」

 そんな出来レース説を裏付ける言説が、「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で明かされたというのである。

 決勝8日前となる2月29日の放送では、MCの明石家さんまがワタリに対して無観客試合では優勝できないと断言。その発言にワタリは、R-1の審査員でもある陣内智則も出演していたことから「陣内さんの前では絶対に言わないでください。公平な審査しなくなるから!」と憤慨していた。そこで陣内は「面白かったら入れるよ、絶対」と公平性をアピールしていたのだが…。

「3月28日の放送では、R-1の本番30分前にワタリが陣内の楽屋を訪れた様子を放送。ここで陣内は、ワタリのネタを見てもいないのに『多分入れへんと思う』『優勝せえへんからほんまに』と語っていたのです。コンテストの審査員が本番前の出場者に《絶対優勝しない》と言い放つなど、普通なら許されないもの。審査員の立場ならあくまで《面白かったら入れるよ》を貫き通すべきでしょう。それなのに陣内がワタリの優勝がないと断言していたのでは、そういう筋書きだったと裏読みする視聴者が続出するのも当然ではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 R-1の放送後もワタリが様々なバラエティ番組で活躍しているのに対し、そのワタリに勝ったはずの大谷はテレビ出演がほぼ皆無。その状況が何を物語っているのか。誰よりもワタリを応援していた視聴者が、最も理解しているのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン