芸能

陣内智則にくすぶり続ける「R-1ぐらんぷり」審査員の怪言動と出来レース説

 3月8日に決勝戦が行われた「R-1ぐらんぷり2020」(フジテレビ系)を巡り、出来レース説がいまだやまないようだ。

 今年のR-1ぐらんぷりでは「マヂカルラブリー」の野田クリスタルが優勝を果たしたが、お笑いファンが疑問視しているのは敗者復活戦を勝ち上がった大谷健太がCブロックで、ワタリ119を押さえて最終決戦に進んだこと。その投票結果についてテレビ誌ライターが指摘する。

「Cブロックでは視聴者投票でワタリが6ポイントをゲットし、大谷は4ポイントでした。ところが審査員票ではワタリに投票したのは関根勤のみで、他の審査員全員が大谷に票を入れたことで、大谷の逆転勝利となったのです。その結果、最終決戦に進んだのは3人とも吉本興業の所属芸人だったことから、主催者でもある吉本の自作自演だ、出来レースだと批判を浴びることとなりました」

 そんな出来レース説を裏付ける言説が、「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で明かされたというのである。

 決勝8日前となる2月29日の放送では、MCの明石家さんまがワタリに対して無観客試合では優勝できないと断言。その発言にワタリは、R-1の審査員でもある陣内智則も出演していたことから「陣内さんの前では絶対に言わないでください。公平な審査しなくなるから!」と憤慨していた。そこで陣内は「面白かったら入れるよ、絶対」と公平性をアピールしていたのだが…。

「3月28日の放送では、R-1の本番30分前にワタリが陣内の楽屋を訪れた様子を放送。ここで陣内は、ワタリのネタを見てもいないのに『多分入れへんと思う』『優勝せえへんからほんまに』と語っていたのです。コンテストの審査員が本番前の出場者に《絶対優勝しない》と言い放つなど、普通なら許されないもの。審査員の立場ならあくまで《面白かったら入れるよ》を貫き通すべきでしょう。それなのに陣内がワタリの優勝がないと断言していたのでは、そういう筋書きだったと裏読みする視聴者が続出するのも当然ではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 R-1の放送後もワタリが様々なバラエティ番組で活躍しているのに対し、そのワタリに勝ったはずの大谷はテレビ出演がほぼ皆無。その状況が何を物語っているのか。誰よりもワタリを応援していた視聴者が、最も理解しているのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!