芸能

TBS・江藤愛「地味キャラ」が「ポスト水卜ちゃん」に急成長(3)田中みな実との「微妙な仲」

 一方、プライベートでほとんど噂が出ないのは衆目の一致するところ。芸能記者によれば、

「18年には、番組で共演した元SMAPの中居正広との交際情報が出たほか、相撲ファンであることから18年には稀勢の里とも近しいなんて噂が流れました。でも、実際にはほとんど浮いた情報がない。中居クン自身も『女子アナとしては完璧』と大絶賛していますが、食事会をしても親密になった雰囲気は皆無とか。TBSの同僚社員も『入社2~3年頃に先輩社員と交際していた話は聞いたことがあるけど、それ以降はさっぱり』と言うほど。江藤アナ本人も『このまま結婚しなくていい』と生涯独身を宣言しています」

 そしてここにきて、同期アナとのライバル関係も浮上した。TBS局員が解説する。

「昨年、写真集『Sincerely yours…』を出した田中みな実とは同期ながら、TBS在籍中はあまり仲がよくなかった。江藤アナも『ちょっと面倒だった』と敬遠していたことを認めています。ただ、2人とも似た者同士で、とにかく仕事で成功したいという願望が強く、仕事第一主義。かわいく見えて芯の強いところが共通しているためか、あまりソリが合わなかったようだ。ただフリーになってからは、番組などでちょくちょく共演して、かつてのわだかまりはないといいます。ただ、仲がいいわけではなさそうで(笑)」

 今や押しも押されもせぬ人気看板アナにまで上り詰めた江藤アナ。ようやく、TBS側も彼女の人気ぶりに気づいたようで‥‥。

「彼女は20代の頃はかなり肉づきのいいタイプで、日テレの水ト麻美アナに似ていたことから、水トちゃんならぬ『江トちゃん』とスタッフから呼ばれていた。それを聞きつけた編成が、江藤アナを『江トちゃん』として猛プッシュ。今やTBSの顔として、女子アナ界の『ポスト水トちゃん』に急成長です。ただ江藤アナは軽く受け流していますが」(TBS局員)

 女子アナ界を牽引しつつも、庶民派女子アナとして今後もほのかなエロスを振りまいてもらいたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す