芸能

競演ぶりより気になる?石原さとみ&西野七瀬、薬剤師役ドラマのマスク問題

 4月9日からスタートする予定だったドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、初回放送が延期となり、その間、同枠では18年に同枠で放送されていた「グッド・ドクター」が放送されている。

 とはいえ、〈近日放送〉として、「アンサング─」の番組予告CMはさかんに流れており、期待は高まるばかり。そんな同ドラマで主演を務めるのは石原さとみ。しかし、共演する元乃木坂46の西野七瀬にも注目だろう。2人の「美女対決」の行方も気になるが、

「この2人が連ドラで共演することになるとは。もう、緩んだホオが元に戻りませんよ!」

 開口一番、こう語るのは芸能ウオッチャーの田山洋一氏だ。続けてもらおう。

「ただ、番組HPで公開されている写真では、みんなマスクをしていないんです。クランクインの時点では新型コロナウイルス騒動が起こってないでしょうから。薬剤師もふつうはマスクをつけますよね。院内という設定ですし…。マスクが足りていないんですかね」

 周知のように石原さとみは「世界で最も美しい顔2019」で62位に入った美女。西野七瀬も美女ぞろいの乃木坂46の中でも突出した人気を誇っていた。

「このふたりの麗しい顔を毎週見られるからこそ楽しみなんです。マスクをつけて顔が隠れちゃったら喜び半減。あっ、でも、マスク姿も萌えるかもしれませんね」(前出・田山氏)

 さて、石原さとみは綾瀬はるか、長澤まさみと並んで「若手三十路美女優」の代表格。CM契約本数は尋常ではなく、テレビで見ない日はない。一方、西野もグループ時代も含めればCM本数は見劣りせず、「グータンヌーボ2」(関西テレビ)などレギュラー番組も持っている。これから長きにわたって日本の芸能界を彩る、もしかしたらライバルになりかねない2人が、ドラマ初競演…。

「正直なところ、CM女王ぶりでは、石原の“牙城”はまだ当分崩れそうにない。そんな状況下で西野が女優としての存在感を示すことができれば、グッと近づくのではないでしょうか。期待しています」(前出・田山氏)

 ドラマのストーリーもさることながら、そんなふうに、石原と西野の主要なキャスト2人の競演ぶりにも注目される。だが、やはり、現代劇だとすれば、いざ放送スタートとなった時のマスクの使用頻度具合も「現実の世界との整合性」をどうつけていくのか、気になるところではある。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
緊急通報!森昌子の「薬物中毒」入院大騒動で始まった「離婚劇」の場外乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス