芸能

佐々木希「女優としては賞味期限切れ寸前」

 バラエティ番組への出演を封印し、女優業に邁進中の佐々木希(25)。並外れたビジュアル力を持ってしても「女優」としては逆風続きだ。映画主演で当たり役を引き当てたかと思いきや‥‥。

 芸能デスクが打ち明ける。

「最近は『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)、『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)など、すっかりドラマづいている佐々木ですが、現場では『笑顔がぎこちない』『セリフが棒読みっぽい』と肝心の演技力は相変わらずイマイチの評価です。そもそも初主演ドラマの『土俵ガール!』(TBS系)から実力はほとんど上がっておらず、正直、女優としては賞味期限切れ寸前です」

 最近では、香里奈(29)や夏帆(22)など、モデル出身組がみごとに女優転身に成功しているが、実は少数派にすぎない。尺が短く、ゴマかしがきくCMとは違い、演技力が問われる女優はまったく別物と言っていい。

 そんな佐々木が、起死回生作として選んだのが、11月公開の映画「風俗行ったら人生変わったwww」である。

 物語は満島ひかりの弟の満島真之介扮する29歳の童貞・遼太郎が、自分を変えるために初めて行った池袋のデリヘル店で出会った女性に恋をしてしまい、彼女を救い出そうとする純愛ストーリー。佐々木はそのヒロインの風俗嬢を演じるという。

 映画関係者が説明する。

「当然、風俗での接客シーンに期待がかかるところですが、原作ではフェラや素股などデリヘル妙技の描写がほとんどなく、佐々木が実際にヌケる艶技をフルコースで体当たりするのは期待できないでしょう。ただし、その分、クライマックスでの主人公とのセックスシーンは濃厚で、佐々木演じるデリヘル嬢がピンクの乳首を愛撫され『私、感じてる』とアエぐシーンはストーリー上、欠くことのできない重要な濡れ場になるはずです」

 今作で人生初の風俗嬢役に挑戦する佐々木だが、

「女の子としては口にしにくいタイトルですね。今まで想像したこともない役柄なので、どうなるかわかりませんが、楽しんで演じたい」

 と、撮影前に前向きなコメントを寄せているのも決意の表れと言えよう。

「これまでもドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』(CSフジ)では初カレと正常位合体を披露し、男に抱き締められながら快感に浸る濡れ場を経験しているものの、露出も艶技力もおとなしすぎた。ルックスはピカイチ、モデルとしては肉感的なボディを持つなど、潜在能力は高いはず。ここらで大胆な濡れ場を披露して一皮剥けないと、女優としての需要はゼロになるでしょう」(前出・デスク)

 ヌケない女優で終わるのか、濡れたうなじのデリヘル嬢役で汚名返上となるのか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”