芸能

いかにも彼女らしい!秋元才加、SNSの“リレー企画”辞退の理由に称賛の声

 元AKB48の秋元才加が4月19日に自身のツイッターアカウントを更新し、外出自粛の日々を乗り切ろうと一部のタレントによってスタートされた“リレー企画“に参加しないと表明している。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛要請が出されている中、ツイッターやインスタグラムでは「うたつなぎ」や「ギャグつなぎ」「しりとりリレー」など様々な“お題“を指名した友人につなげていく企画が芸能人を中心に盛り上がりを見せている。

 自身のツイッター上にも自宅での爽快なダンス姿を動画でたびたび披露してきた秋元だが、19日に〈本当ごめんなさい。毎日一生懸命生きているだけでも結構なカロリーを消費しているので、最近よく見かけるリレーとかバトンを私に回すのを遠慮して頂けると有り難いです〉と綴り、リレー企画からの辞退を宣言。あえてその意思を表明した理由として、〈私は隅っこで誰にも関わらず一人で踊っていたいのです。無視した感じになってしまうのもちょっと心苦しかったので〉と説明した。

「エンターテインメントの世界に生きる芸能人にとっては、ほとんどの番組収録やドラマ、映画などの撮影が停滞する中、なんとかファンを楽しませようという想いでこの“リレー企画“をスタートしたのでしょうが、秋元だけでなく、元日本テレビアナウンサーの上田まりえも、コロナ禍では各々に抱えている事情が異なるとして、辞退を表明しました。上田は“個人的には楽しませてもらっています“としながらも、次に指名する誰かを選ぶことが困難だとし、《こういう時だからこそ、あえて私はいつも通りでいようと思います》とコメント。“隅っこで一人で踊りたい“という秋元の辞退理由とは異なるのかもしれませんが、両者には『正直で素晴らしい考え方だと思います』『それで良い。リレーとかバトンはやりたい人だけで盛り上がってればいい。断るほうに心理的負担をかけるのは良くない』『自分の意見を伝えてて良いと思います』と好意的な反応が多いです。コロナ禍では様々な事情や悩みを抱えている人間がおり、中にはこのリレー企画に笑顔で参戦することができない心理状態の人もいるでしょうから、秋元や上田のように“参加しない勇気“を持つことも尊重されてしかるべきですね」(テレビ誌ライター)

 しっかりと自分のハートに芯を持ち、それを最後まで決して曲げない姿勢はいかにも秋元らしい振る舞いにも見える。今回の発信は彼女の生き様を表したかのようなものだったと言えるだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?