芸能

遠野なぎこ 歌姫・浜崎あゆみ「アイドル時代の黒歴史」を暴露

 自身が歌手になるまでのサクセスストーリーがドラマ化された浜崎あゆみ(41)。その原作小説は、もののみごとにコキ下ろされていた。

 浜崎がカリスマ歌姫になるまでを描いたドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)が話題を集めている。

 芸能デスクが語る。

「原作は、昨年夏に発表された自身をモデルとした小説で、浜崎が音楽プロデューサー・松浦勝人氏(55)に見いだされ、女子高生のカリスマと言われる歌姫に大成するまでを描いたもの。特に話題を呼んだのが、2人の恋受関係が初めて明かされたことでした」

 この歌姫の「熱愛告白」に、意外にも芸能マスコミはほぼ沈黙を守った。

「相手がプロデューサーではいかにもすぎて、話題性に欠けます。浜崎が長く交際したTOKIO・長瀬智也(41)のことが記してあるなら、確実に大騒動になったはずなんですが‥‥」(前出・芸能デスク)

 こうした周囲の本音をズバッとぶちまけたのが、遠野なぎこ(40)だ。この本の出版直後、出演する「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、

「誰がこの方の過去の恋愛に今さら興味あるのかな」

 と、ガブっとかみついたのだ。さらに、

「10代の頃、彼女が歌手としてブレイクする前に、ドラマでご一緒していたんです」

 と、歌姫あゆの「黒歴史」であるB級アイドル時代を暴露したのである。

 民放局ドラマプロデューサーが明かす。

「2人は95年放送の『未成年』(TBS系)で共演しています。当時の浜崎は売れないアイドルの一人で、しかも家庭教師の子供を身ごもる女子高生という脇役。当時流行していたコギャルファッションで仲よしのアイドルとつるんでは、他のアイドルをガン無視イビリするなど、裏の顔もあった。遠野はその姿を目の当たりにし、『新人なのに、化粧がケバくて態度がデカすぎ』と浜崎の裏素顔を常々語っていた」

 先の番組で遠野は、最近の浜崎について、

「スター街道行ってすごいなと思っていたのに、最近は話題にならない。ただのイタい人になってしまった」

 と一刀両断。

 放送中のドラマの評判でも、主人公より眼帯姿の秘書役・田中みな実の怪演が話題を呼ぶ始末では、平成ギャルのカリスマも、もはや令和には生き残れない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声