芸能

批判できる?松本人志、岡村「炎上問題」で懸念される“女性蔑視ブーメラン”

 タレントの東野幸治がMCを務める5月3日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。5月10日放送回より同番組が通常放送に戻ることを報告している。

 コロナ禍の影響で、4月から4週連続で過去の傑作選を放送していた同番組。裏番組である「サンデー・ジャポン」(TBS系)が出演者が離れて座るなどして通常放送を続けていた中での休止状態には、一部のファンからも不満の声があがっていた。

 それだけに同番組のコメンテーター・松本人志が10日放送回で、どのニュースを取り上げるのか、中でも同じ吉本興業に身を置く後輩のお笑いタレント・ナインティナインの岡村隆史の「失言」について何を語るかは多くの視聴者が注目しているはずだ。

 岡村は4月23日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組内で、コロナ禍によって経済的困窮に陥った“なかなかの可愛い人“が夜の店の嬢として短期間働かざるを得ない状況になるだろうと推察。そうした展開を「おもしろいこと」とも表現、まるで生活苦に直面する女性による“夜のデビュー“を待ちわびるかような発言をして大炎上していた。すでに同番組で2回相方の矢部浩之も登場して謝罪した形にはなっているが…。

「様々な意味で松本のコメントに熱視線が注がれるであろう理由の一つとしては、当の松本自身もかつてのラジオ番組『放送室』(09年に放送終了)の中で、女性蔑視とも解釈される発言を繰り返していたという点でしょう。もちろん令和の時代とは事情が異なりますが、『女の30歳は男でいえば50~60歳くらい』や『女性は若いほうが良いに決まってる』男の女遊びについては『“しゃーない“で済む』が、女のそれについては『意味合いが全く違う』などといった意味の発言を残してきました。ラジオのようなクローズドな環境下における“過激発言“の過ちについては決して他人事ではないはず。岡村を徹底的に糾弾するのか、もしくは“気持ちはわかるが…“と多少の理解を示すのかは大きな関心がありますね」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、今回の岡村の発言には少しでも擁護の姿勢を見せてしまえば、途端にみずからにも世間からの怒りの炎が飛び火する危険性もある。どんなスタンスを取るにせよ、コメントには細心の注意が求められることになりそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人を辞めた元木大介に「ヘッドコーチ就任オファー」を出したのはあの「宇宙人監督の球団」か
2
楽天球団「身売り説」再び!乏しい戦力でも補強の余裕なし…安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかける
3
【消息不明】TBS野村彩也子アナ「ラスト出演映像」に指摘される「明らかな違和感」
4
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
5
「J1昇格」町田ゼルビアが黒田采配だけでは生き残れない「15億円」補強のテコ入れ案